Dior(ディオール)サンク クルール677

限定品を先にレポしていきます。
ちょっと(というか大分)タイミングを外してしまいましたが、8/4発売のディオールの限定品です。
全っ然狙っていなかったのですが、あまりにもキレイでやっぱり買ってしまいました。


Dior(ディオール)サンク クルール
【限定色】677 ヒプノタイズ
7,600円(税抜)

ファッショナブルでクチュールらしさを感じさせる、新しいテクスチャーとエフェクトを兼ね備えたパレット。トーン オン トーンやコントラスト等、色の提案のみにとどまらず、マットからサテン、ウェットからグリッタリーのエフェクトを加えて、メイクアップの可能性を無限に広げます。


SNSで見ていると上2色がギラッギラに見えたり、絶対にもっと暗く見えたりしていたのですが、実物はそんなにダークすぎない、温かみのあるブラウンパレットといった雰囲気です。

サンク クルール677 スウォッチ

蛍光灯の下


上の2色も実際に触ると、ギラギラせずに上品な艶めき。
右上と左上を比べると、左上の方がハイライトっぽいかなと思いましたが、実際に使うと左上は眉下に使うにはちょっとトーンが暗い気がします。
今のところハイライトらしいハイライトとして使っているのは、右上のみです。
ラメアイシャドウ用のブラシでつけるとちょうど良いです。
普通の平筆でのせると、面でペカーッと光る感じに仕上がります)
左上はアイホール全体に入れるとすごくキレイです。

室内自然光


中央のブラウンはぱっと見ツヤツヤっぽいのですが、つけてみるとサテンな仕上がりです。
中央をメインカラーとして両サイド2色と組み合わせて使うのがサンクですが、677の中央はかなり高発色ですので注意。
粉もかなり柔らかいです。
最初は右下を締め色に~と思っていましたが、中央を締め色にしてもいいくらいかも。

左下はスモーキーなマットダークブラウンにゴールドの細かいラメが少々。
(カーキにも見える?)
これを使ってやると、少しクールさがプラスされる気がします。

このサンクと、同じく限定発売されたメタライザーを重ねると、またニュアンスが変わってすごく素敵!
なので、明日はメタライザーをご紹介する予定です。

三越・伊勢丹オンラインストア

関連動画