ゲランのクリスマスパレット新旧比較

最近、ゲランのクリスマスのパレットばかり使っています。
一時期春を意識したパステルカラーを使っていたのですが、どうも寒くて^^;
メイクも冬に逆戻りしてしまいました。

Guerlain Christmas pallet

活躍しているのが、ゲランの2014年と2015年のクリスマスパレット。
ということで、比較してみたいと思います。
(今回はアイシャドウの比較です)

ゲラン パレット
【左】Guerlain(ゲラン)パレット ペトルーシュカ
10,600円(税抜)2014/11/1限定発売

デリケートで微細なパールが輝く、ゴールドとブラウン系のアイシャドウ5色と、ピンクとコーラル系のブラッシュ4色がセットになったパレット。リボンは取り外し、ブレスレットやヘアアクセサリーとしても使用できます。持ち運びにも便利なベルベット ケース、Wエンドのチップとチークブラシ付き。

【右】Guerlain(ゲラン)パレット オール エ メルヴェイユ
10,600円(税抜)2015/11/1限定発売

デリケートで微細なパールが輝く、ゴールドとブラウン系のアイシャドウ5色、ピンクとコーラル系のブラッシュ4色がセットになったパレット。このパレットひとつでゴージャスからピュアまで、どんな装いも思いのままに。

2014年のほうが暖色系。
2015年のほうが締め色がシックです。

ゲラン パレット
比較しやすいように、明→暗のグラデに並べてスウォッチ撮ります。
なので、2015年のパレットは順番がランダムになっています。

ゲラン パレット
2015年の①のみマットです。

2014の①②と、2015の②③が「ほとんど一緒なんじゃ・・・」という気がします。
ただ、気のせいかもしれませんが、
パレットで見ると、2015の③のほうが2014の②よりも若干黄色みが強い?
付けると分かりませんけどね^^;

パレット ペトルーシュカの使い方

どちらが使いやすいかというと、パレット ペトルーシュカのほうが
どう組み合わせても失敗しない気がします。
質感とか発色の違いで遊ぶというより、単純に色を使い分ける感じ。
①をハイライト、②と③を縦割りにして⑤で締めるとか。
個人的には④を広い面積で使うと失敗するので、それさえ気を付けたら
あとはぱぱっとメイクしてもなんとか完成します。

パレット オール エ メルヴェイユの使い方

締め色だけ見るとダークな感じがしますが、ほかの色が明るいので、
割とシンプルなアイメイクができます。
なので、あんまり目元ガッツリしたくないなーというときはこのパレット。

②をハイライトにして、③をメインあとは④か⑤で締めて完了、みたいな^^;

デッサンでもっときちんとしたレシピを提案してくれているのですが、
軽くメイクしたい日などにこんな風に使っています。

まとめ

限定品だし、今更記事にしても参考にならないかなーと思いつつ、
フリマとかオクでこれから手に入れる人もいるかもしれないし、
と思いアップしてみました。

ちなみに、チークと2段になっているので、
お泊りの時は荷物を減らすためにも、このどちらかを持っていくようにしています。


ゲラン (GUERLAIN) パレット オール エ メルヴェイユ

コスメデネット
 

スポンサーリンク