M・A・C プロ ロングウェア ペイント ポット

アイシャドウベース

割と地味なアイテムの気がしますが、どうしても欲しくなって指名買いしてきました。
M・A・Cのウォータープルーフのクリームアイシャドウです。
アイシャドウベースとしても使えます。

スポンサーリンク




M・A・C プロ ロングウェア ペイント ポット
グラウンドワーク
3,000円(税抜)

目もとに光と輝き、きらめきを与える、ロングウェアタイプのクリームアイシャドウ。リッチでクリーミィなテクスチャーで軽いつけ心地を実現。美しい色と立体感、光沢のある仕上がりで、単色でも、他のアイシャドウと組みあわせても、アイシャドウベースとしても使用可能。

@cosme

種類は結構あります。
パール入りのものとノンラメパールのものがありました。
この色はノンラメパールですが、マットになりすぎずほんのりツヤがあるような質感になります。


このアイテムは、また動画で紹介しようと思いますが海外のMACのアーティストさんがアイシャドウベースとして紹介されていて。
今までアイシャドウベースといえば、パーリーなものもマットなものも、肌よりも少し明るいベージュやアイボリーっぽいものを使ってきました。
たまにもっと白い物やピンクのものを使っても、基本的に肌より明るい色でした。
が、なんとこれを使うことで目元を簡単にコントゥアリングできるそうで。

なんとオシャレ!さすがプロな発想!と感動していそいそと購入してまいりました。

スポンサーリンク




ダークな色味だけでなく、ピンクっぽいものなどもありましたが、テスターを見た感じ圧倒的にブラウン系の色味が多かったです。
sodl outしている色もあったし、この色もラスト1個ということで普段からそんなに在庫を確保しているものではなさそうでした。
テスター自体、表には出ていなくて奥から出してきてくれたので、推してもないのかも?

グラウンドワークの色味


お色はこんな感じ。
公式サイトによると「ニュートラル トープ」だそう。
目周りにオレンジ味のあるブラウンを持ってくると異様に浮くことがあるのですが、灰色がかったトープはしっくりくる気がします。
でも完全にグレーになると、それはそれで打ち身みたいに見えたりもするんですよね。
でもこの色味は絶妙で、私の目元に使っても大丈夫でした。
これをアイホールに広げてからメイクをすると、目元に奥行きが作れるだけではなく、アイメイクのモチも良くなるそうです。

プロロングウェアペイントポットの使い方

ただ気を付けてほしいのが、一旦伸ばすと即FIXしてしまい動かなくなります。
なのでモタモタしているとぼかせなくなります。
少量(本当にごく少量でOK)を指に取ったら、迷いなくためらいなく、ささっと伸ばしてしまったほうがいいです。

そしてウォータープルーフで、本当に擦ろうが水で洗おうが全然落ちなくて、クレンジングでしっかりOFFする必要があります。
でもポイントリムーバーじゃなくても普段使っているクレンジングでも落とせたので、その点も気に入っています。

またテスターを見て容易に想像できたのですが、乾くとかなり縮みます。
ジャーの中にカラカラになった中身が固まっている色もいくつかありました。
これも試しに指で触ってみたのですが、粉になって指に付くこともなく、一旦乾燥させてしまうと全然使い物にならない印象でした。

使ったらすぐにキャップを閉めるようにしたほうが良さそうです。

プロロングウェアペイントポットの感想

まだ数回しか使っていませんが、かなり気に入っています。
気に入るとすぐに「色違いで欲しい~」とか考えてしまうのですが、大抵後で買い足したほうはほとんど使わずに終わるので、これもおとなしくこのカラーだけ使っていようと思います。

目元に立体感が出しにくい方は、ぜひ触ってみてほしいアイテムです。

三越・伊勢丹オンラインストア

関連記事一覧