Dior(ディオール) マスカラ ディオールショウ デザイナー

マスカラは気に入ると結構リピするタイプなのですが、シュウエムラ→ヘレナ→シャネルとハマるたびに執拗にリピしまくり、現在はDiorで落ち着いています。

以前はイットマスカラが好きだったのですが、年を重ねるごとにボリューム重視からカール&セパレート重視に好みも変わり、今は断然ディオールショウデザイナーのマスカラが好きです。
(過去のレポはこちら★


Dior(ディオール) マスカラ ディオールショウ デザイナー
#090 プロ ブラック
4,200円(税抜)

華やかなまつ毛を演出するマスカラです。円錐形のブラシが目頭から目尻の短いまつ毛まで、根本からキャッチします。マイクロファイバーをたっぷり配合し、重ねるごとに長さのある美しいまつ毛に仕上げます。独自のエアーロックワイパーが空気の侵入を抑え、マスカラ液の乾きを防ぎます。

しかしマスカラって比較的地味なアイテムなので、あんまりレポしていませんでしたね^^;
過去記事も圧倒的に数少なくて自分でもびっくりしました。


このブラシの形状が好きです。
軸の長さ(ブラシ状になっている部分の)はあるけれど、ブラシの毛の長さ自体はそんなにありません。
なので、極太系のブラシで「瞼に付くよ(怒)」という人でも使いやすいと思います。
まさに私はそのタイプです\(^o^)/

これ、本当に空気の侵入を抑えてくれているようで、使い終わりもバサバサ担って終了というのではなく、なんとなくブラシに液が絡んでこなくなったな、という感じで、「ここで使い終わりだ、諦めよう!」という決心が付きやいです。
(マスカラの使い終わりって分かりにくくないですか?実は1ヶ月しか使えないからほぼ使い捨てだとか、はたまた『マスカラ液薄め液』なんていう末期のマスカラを強制復活させるものが売られていたりとか・・・いったいどこまで使うのが正解なんだっていうw)
なので、最後のほうマスカラ液が乾燥してしまっただけで実は薄めたら使えるんじゃないか?と思ってなかなか捨てられない人、これならバシッと「使いきった感」が得られます!

という変なポイントをアピールしましたが。

しっかりとした黒で、液もイットマスカラほど粘度高くなく、さっと塗れて長さも出ます。
セパレートもまずまずなのですが、この辺はスクリューブラシと今日GETしてきた扇ブラシで今まで以上の仕上がりになるはず・・・!と

+(0゚・∀・) + ワクテカ

しています。

三越・伊勢丹オンラインストア