SUQQU(スック) ヌード ウェア リクイド 101

2018/3/2に発売された、スックの新しいファンデーションです。
これのレポの前に先に一つ良いですか?

スポンサーリンク



なんと私の溺愛しているフレームフィックスリキッドは、このヌードウェアリクイドの発売に伴いディスコンになったそう(´;ω;`)
いやね、全然知らなかったんですよ。
新しいファンデ増えるんだな~SUQQUファンデに力入れてんな~くらいにしか思っていなかったのです。
なんたること!

錯乱しそうになりましたが、とりあえずレビューしていきたいと思います。


SUQQU(スック) ヌード ウェア リクイド 101
SPF19・PA++
30ml・7,000円(税抜)

全7色
素肌とシームレスになじむ、新リキッド ファンデーション。美容液のようになめらかなオイルリキッドテクスチャーがきしみ感やひっかかりなく伸び、素肌の一部のように溶け込みます。一瞬で、生き生きと透明感のある「ハレの素肌感」を表現。春夏の大人の肌が求める、「清潔な艶」のある仕上がりをキープ。肌をうるおいで満たす美容エキス&オイル(保湿)を11種類配合。つけているほうが自然になるような、スキンケア感覚の心地良さです。

いろいろ言いましたが、このファンデの発売自体は非常に楽しみにしていたのです。
何と言っても「オイル美容液状」という、新感覚のファンデーション。
サンプルを使ったときも「これは確かにオイル美容液っぽい!美容液じゃなくオイル美容液っぽい!」と大変テンションが上りました。


一度混ざると完全に分離するのに時間がかかるためこんな漢字ですが、わずかに上にオイルの層があるのが分かりますでしょうか。
ファンデーション層(?)とオイル層を混ぜ合わせて使うタイプなので、最初によく振ってから手に取り出します
このファンデは手で塗ることが推奨されています。


アプリケーターは瓶のビジュアルから分かる通りスポイトです。
でも量を調整しやすいので意外と良いですね。
このファンデ、恐ろしく伸びが良いのであまり大量に出しすぎないように注意してくださいね。

ヌード ウェア リクイドのテクスチャー


かなりサラサラのファンデーションです。
そのためどこまでも伸び広がってしまうので、一度塗った後カバーが足りない部分に重ねるようにしています。

スポンサーリンク



ヌード ウェア リクイドのスウォッチ


ビフォーアフターはこんな感じ。
オイルっぽい独特の感触なのですが、とにかく塗っている厚み的には本当にごくごく薄いと思います。
この薄塗りからすると想像以上のカバー力だと思います。
イメージとしては、昔流行った水おしろいてきあん、真夏に使うかなりナチュラルな仕上がりのファンデーション。
あれの質感がオイルで、カバー力がもっとあるタイプのファンデを想像してもらうといいかもしれません。

ヌードウェアリクイドはフレームフィックスリキッドの代わりになるのか

なのでテクスチャーで想像するよりはカバー力はあります。
ですが既存のリキッドに比べると少し劣るカバー力かもしれません。

で、私がなぜフレームフィックスリキッドを溺愛していたかというと、塗ったとたんに肌にFIXするようなあの「真夏でも私はここを死守します」という密着感なんですよね。
残念ながらヌードウェアにはその密着感は感じられませんでした。
もっとしっとりとした、肌の上を滑るような感触なのです。
なので「真夏にはどうかな~」という不安はあるものの、日中の使用感に関してはなんとびっくり!

いえね、動画でSUQQUのファンデーション5種比較っていうのを絶賛撮影中でして。
そちらでお粉も一切ナシでファンデーションだけで仕上げて一日過ごすというのをやっているんです。
そのなかでフレームフィックスとヌードウェアを半顔ずつ試してみたのですが・・・

(以下ネタバレになります。・・・って読書感想系レビューサイトかな?)

カバー力とつけたての質感こそ差があったものの、夕方になると皮脂が馴染んでほぼ違いを感じないレベルになったんですよね。
今までフレームフィックスって「セミマットで完璧に好みに合った仕上がりだわ」と思っていたのですが、お粉があってのあの仕上がりだったわけです
(まぁこんな実験でもしない限り、私もお粉無しファンデーションだけで過ごすなんてことは今後も無いと思いますが)
なので、フレームフィックスを愛用されていた方は「ヌードウェアにフレームフィックスの後が務まるのか・・・?」と心配していると思いますが、意外といけるんじゃないですかねというのが私の意見です。
まぁこれも真夏の日差しガンガン汗ダラダラ毛穴パッカーンな日になると果たして・・・というのもありますが、それは真夏になってみないと分かりませんからね!(開き直り)
なので、私はフレームフィックスを大切に使いつつもヌードウェアを後継として使っていくつもりです。

その他のファンデとの比較については、後日UPする動画を参考にしてもらえればと思います。

関連動画

三越・伊勢丹オンラインストア