IPSA(イプサ)ME スーペリアe 4

IPSA(イプサ)ME スーペリアe 4

イプサの新ME、9/4に発売だったんですね。
お肌診断をしてサンプルを頂いていたので、さっそく開封してみました。

IPSA(イプサ)ME スーペリアe 4
IPSA(イプサ)ME スーペリアe 4
175ml・7,500円(税抜)

※画像は1週間分のサンプルボトルです

ハリと透明感に満ちた肌に導く化粧液です。保湿成分としてアルゲルミナEXを配合。肌(角層)の奥深くまでしっかり浸透し、ハリを与えてぷるんと弾むようなうるおい肌に整えます。ハリの低下など、肌状態の変化を感じはじめた肌に。しっとりとしたコクのある使い心地です。レフィル 175ml 7,200円(医薬部外品)

イプサのメタボライザーは、肌質に合わせて5タイプ全17種類という豊富な展開の中から、一番ぴったりなものを選んでもらえます。
(オンラインでも簡易的なお肌診断を受けることが可能。サンプルも取り寄せ可能です)

私のお肌に合っていると判断されたのは「スーペリアe 4」というタイプ。
かなりしっとりとコクのあるタイプです。
お肌の乾燥と、水分を蓄える力のなさ(油分値も低い)を指摘された結果です。

IPSA(イプサ)ME スーペリアe 4
サンプルボトルですが、再度に目盛りがついていて、1目盛りが一日分。
朝晩の使用ですので、1回分は目盛りの半分ということです。
サンプルボトルにもきちっと目盛りがあるのがイプサらしいなぁと。

MEはコットン付け推奨ということで、コットンも頂きました。
コットン付けするのが好きなので、「コットンでつけてもいいよ」より「推奨」されるとよりうれしい(笑)。
カウンターでスキンケアを試していただいたときは、ザ・タイムR アクア(某百貨店で一番売れている化粧水であるらしい、イプサの化粧水)の後にMEを使ってもらったのですが、この2つですでにお肌ぷるっぷる。
ですが、自宅で、手持ちの化粧水(さっぱり系ととろみ系の重ねづけ)のあとにこのMEを使うと、若干重いんですよね。
お肌を触った感じは特にべたついたりしないのですが、感覚的に油分が多いとき特有の肌の重さを感じます。
+++++(以下無駄に長いです。お時間のある時にでも。)+++++++
スーペリアe4を使うなら、エイジングケア系のとろみ化粧水よりも、タイムRアクアみたいな、さっぱりシャバシャバ系の化粧水単品と合わせるのが良いかなと思います。

私は、クリームはエイジングケア系のコックリタイプを使っているし、美容液も朝は保湿+美白、夜は美白+エイジングケアと、たんまり重ねづけしているので、そこにこのMEを入れるとちょっと油分過剰な気も。
(とはいえお肌診断では油分値も低かったんですけどね・・・)
MEを現品購入するなら、そのほかのスキンケアアイテムも、ちょっと整理したほうがいいかも。

美容液は自分的にハズせないものなので、最低限クリームと化粧水のセレクトを変えないといけないかな~と思います。

あとは、やっぱり先行乳液が好きなので、その辺の組み合わせ方ですよね。
MEって「化粧液」という独特のネーミングですが、感覚としては乳液に近いと思います。
なので、先行乳液も使うとなると、スキンケアに2回乳液が登場するわけです。
ダメじゃないけど、そこまで乳液が必要なのかという疑問がわきます。
(先行乳液=ブースターと考えてしまえば別物になんですけどね)

プレディアのブースターが気になっているので、
ブースター→先行乳液→化粧水×2→美容液×2→乳液→(オイルが入る予定)→クリーム~
となるとさすがに「やりすぎだろwww」って感じに^^;

イプサのカウンターでは特にライン使いを推されたりはしていないのですが、お肌診断ではじき出されるアイテムって、当たり前ですが「イプサでトータルで使った場合」を想定して提案されているので、
(あくまで私の場合ですが)今のスキンケアにMEをプラスするなら
・もう少し油分が少ないものにする
もしくは
・スーペリアe4を使うならせめて化粧水とクリームはイプサにする
ほうがいいような気がしました。

とはいえ、まだサンプルも4回しか使っていないので、1週間しっかり使ってみて、たぶんふき取り化粧水と下地は買うので、その時にもう一度相談してみようと思います。


ipsa イプサ MEスーペリア4

三越・伊勢丹オンラインストア