Guerlain(ゲラン) ラ プティット ローブ ノワール ボディローション

ラ プティット ローブ ノワール ボディローション,ゲラン ボディローション
ボディローション・ミルク・オイル

今日からようやく通常更新ができそうです!

さっそくゲランネタで、なんだかもう「申し訳ないです」っていう域ですが(笑)。
せっかくなので紹介させてください☆

ラ プティット ローブ ノワール ボディローション,ゲラン ボディローション
Guerlain(ゲラン) ラ プティット ローブ ノワール ボディローション
200ml・7,000円(税抜)

※画像は国内未発売の75mlサイズです

しっとりと肌に潤いを与えながらも、表面はさらりとシルキーに仕上げるボディローション。マイクロパール配合で、瞬時に肌に繊細な輝きを与えます。しっとりと柔らかく整った肌に、ほんのりと「ラプティットローブノワール」の香りが持続します。
香調:フルーティフローラル

これ、ぜんっぜん購入予定はなかったんです。
たまたま立ち寄った並行輸入化粧品店(っていうんだろうか?)に立ち寄った際に、なんと展示品(と言ってもガラスケースに入っていた)最後の1個が900円で投売りされていたのです。

ラプティちゃんが、あまりに不憫で(´;ω;`)ブワッ

迷わず購入してまいりました。

正直、ラプティの甘ったるいベリーっぽい香り自体はそんなに好きじゃないんですけどね(オイ)。
とはいえ最近ゲランがオシオシのラプティですから、ひとつくらいなにか持っておいてもいいんじゃないかと。

ラ プティット ローブ ノワール ボディローション,ゲラン ボディローション
フタを開けけた瞬間から、ラ プティット ローブ ノワールの香りです。
結構強烈。
「ほんのりと」なんてとんでもない。
他の香りアイテムを使っているときには併用はできないと思います。

私は朝晩そのときの気分で香水を選んで纏うタイプなので、ボディローションやヘアミストなど、他の香りアイテムはあまり使いません。
なので、これはどうにも使いこなせないと思ったのですが、足(足首から下。本当に「足」の部分)をお風呂上りにこれを塗ってから、靴下を履いて寝ることにしました。

また機会があれば別記事アップしようと思うのですが、足の角質がベロンってなるやつを先日やりまして。
「いったい何をどうやったらこんな角質になるの?」と恐れ戦かれる事必須の足裏を持つ身としては「なんとしても柔らかい足裏を死守したい」のです。
なので、ここ数日はラプティのボディミルクで保湿し、靴下で保護するということを続けています。

いつまで続くやら(笑)

ラ プティット ローブ ノワール ボディローション,ゲラン ボディローション
強烈な香りと書きましたが、不思議なもので使い続ける(嗅ぎ続ける)と、なぜか愛着がわいてしまうのがゲランのフレグランス。
今じゃ「夜はもうこのボディミルクの香りだけでいいかな」という日もあるくらい。

香りって本当に、その時の気温や湿度、纏う人の体温や体臭、そしてメンタル等、様々なものに左右されて、いい香りに感じたり、不快に感じたりする面白いもの。

ゲランの名香といわれる香水を溺愛されている方の多くに、酷評を受けているラプティ。
私も大好きなゲランのアイテムとは思えないほど、心惹かれない香りのひとつでしたが(ひどすぎる)、これから先いつかこの香りを愛する日が来るかもしれない・・・。

ラ プティット ローブ ノワール ボディローション

関連記事一覧