Guerlain(ゲラン) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ

Guerlain(ゲラン) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ
フレグランス

このタイミングで記事アップしておいてテアズーラじゃないんだ、というツッコミはナシでお願いします(笑)。

Guerlain(ゲラン) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ

※キャップ部分に自分の姿が写りこんでしまうため、画像加工しています

Guerlain(ゲラン) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ
75ml・7,600円(税抜)

1999年発売
自然に回帰するかのようにさわやかな、シトラス アロマティック グリーンなフレグランス。フレッシュな活気のみなぎる、さん然と輝く青葉がみずみずしく香るハーブ園をイメージした香り。リフレッシュしたい時にも。調香師は、ジャン ポール・ゲラン。
香調:グリーン シトラス ミント(グリーンティ&ミント)

前回、ゲランのカウンターに行った際に、新しい香りテアズーラを含む全部のアクアアレゴリアを試させてもらいました。
さっぱりとしたすがすがしい香りが、自分で纏う香りとしては好きではないので、完全にルームフレグランスとして使用するために選びました。
中でもこのハーバフレスカは、ミントのすっきり感はありつつも、少し時間を置くとどこかレモンティーのような香りになります。
説明文を読んで想像するよりも、トゲが無い香りというか、森林浴をした時のようなリラックス感があります。

Guerlain(ゲラン) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ
ルームフレグランスと書きましたが、布用じゃないフレグランスを布に直接吹きかけるとシミになりそうだし、まして空気にふりまいていると、床などが汚れてもいけないので、ここはフレグランス用の陶器に吹きかけるか、リボンなどを使い捨てにしたいところ。
私は先月イディールの限定を購入した際に頂いたポマンダーと、リボンを使おうと思います。

Guerlain(ゲラン) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ
同じ布製品にフレグランスを吹きかけ続けると、フレグランスのラストの香りが、繊維に何重にも重なって残ったような状態になり、時として悪臭を放つ・・・という話を聞いたことがあります。
それでなくても、フレグランスは常用していると徐々に香りになれて鼻が利かなくなり、そういった香りの変化にも気づかない可能性があります><。
なので、吹きかけるアイテムは定期的に変えたいなと考えています。

・・・と、全然ハーバフレスカのレポになっていないですね(笑)。

Guerlain(ゲラン) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ
今回はアクアアレゴリア含むゲラン製品9,000円以上購入で、テアズーラのミニチュアボトルと、ポーチのプレゼントがありました。
このポーチの色が可愛いなぁと♪
旅行に行くときに、細々としたものを入れて使おうかなと思います。
テアズーラのボトルも、多少の持ち歩きは大丈夫っぽいので、旅先でルームフレグランスに使う予定です☆

前回ムエットを頂いていたので、購入してすぐに記事をアップしたハーバフレスカですが、香りアイテムの割にすぐにレポ記事をアップした理由は他にも。

雨でじめじめした日に使うと、本当にすっきりするから!

早い地域ではもう梅雨入りしたようですが、この時期に本当にピッタリなアイテムだなと思ったので、少しでも早くご紹介したくって、他のまだレポできていないアイテムを差し置いて(笑)先に記事にしました。
全部で5種類もあるアクアアレゴリアですが、すっきりさっぱり軽い香りであることは共通しています。
ただ、同じシリーズの割に、だいぶそれぞれ個性がある香りですので、こればっかりはカウンターで試してからの購入をオススメします。
ジメジメ蒸し蒸し、しかも祝日が少ないことでテンションが下がり気味な6月(笑)。
シャキッと気分を変えて乗り切りたい方は、一度試されるといいかもしれません。

【価格比較】アクア アレゴリア ハーバ フレスカ

関連記事一覧