NUXE(ニュクス) プロディジュー オイル

NUXE(ニュクス) プロディジュー オイル

お風呂上りのボディケア用に、ニュクスのオイルを購入してみました。

超有名ですが実は今まで使ったことがなかったんですよね。
香りが強いと言うことで賛否両論のオイルですが、私はなかなか気に入っています。

NUXE(ニュクス) プロディジュー オイル
NUXE(ニュクス) プロディジュー オイル
50ml・3,000円 / 100ml・5,100円

※画像は100mlサイズです

伊勢丹新宿店、阪急百貨店うめだ本店、NUXEサイトにて限定発売
ニュクスの代表的な製品のひとつであるプロディジュー オイルからフェイスにボディに、ヘアにとたっぷり使えるスプレータイプの100mlボトルが登場。植物由来のオイルをおしみなく配合したマルチユースのべたつかないドライオイルが、全身を保湿し外的刺激から肌や髪を守ります。

ヘアオイルとして使っている人が多いみたいですが、私はもっぱらボディ用。
保湿力が足りないという意見もありますが、ボディミルクと併用すると問題なし。

NUXE(ニュクス) プロディジュー オイル
スプレータイプのオイルと言えば昔SABONのを使っていて、あまりにも噴射されるイキオイや方向がその都度まちまちで、ボトルはもちろん周囲もベタベタにしてしまうから苦手意識を持っちゃったんですよね。
でも、あれだけがそういうスプレーだったみたい(笑)。
ニュクスのスプレーは普通のトワレなどを噴射したときみたいに、ちゃんと一定量が出るし明後日の方向に飛ぶことも無いです。
なんだ、こんなに使いやすいならスプレータイプのオイルを避けずにくれば良かったな・・・。

NUXE(ニュクス) プロディジュー オイル
香りはオリエンタルフローラルな感じ。
たぶん誰しも一度は嗅いだことがあると思う香り。
確かに付けたては香りが強いですが、私はキライな香りじゃないのでそんなに気にならないかも。

余談:ドライオイルとは

そもそも「ドライオイルとはなんぞや」と思ったのは私だけではないはず(たぶん)。
結構よく聞く単語ですが、別にアルコールスプレーほど揮発してサラサラドライ!になるわけでもないし、何がドライなんだろうと。

割とクチコミを見ていると「ドライオイルなのでべたつきません♡」とか書いているけれど、正直全然べたつかないわけではないと思います。
しばらくは肌表面がオイルを塗ったとき特有の感触があるし、そのベタベタ感が続く時間は短いかなという程度。
まぁでもDHCの昔からあるオリーブオイル(だっけ?)とかを使っていてこれ使ったら確かに「べたつかない!」ってなるかも。

簡単に調べたけれど、どのサイトも「だから結局ドライオイルのドライって何よ(怒)」ってな説明文が多かったので、特にどこのサイトからも引用しませんが、どうやらドライオイルというのはあくまでも美容業界での単語のようで、植物由来のオイルに該当するものが多いみたいですね。

 
だからなんだんだって話ですが(笑)。
そんなこんなでスプレータイプのオイルに対する苦手意識も払拭され、めでたしめでたし。
個人的には寒いときに嗅ぎたい香りなので、この冬でガンガン消費したいと思います。

@cosme shopping 三越・伊勢丹オンラインストア
 

スポンサーリンク