CHANEL(シャネル) サブリマージュ ラ プロテクシオン UV 50

下地

今年の日焼け止めは何にしようと思いつつ、そもそも下地と日焼け止めは必ず分けたほうがいいのか、それとも日焼け止め効果の高いものであれば下地のみでも大丈夫なのかが気になり始めたaicaです。
そんな日焼け止めに関する疑問をうだうだ話している雑談メイク動画は今夜UP予定ですので、お時間ある方はぜひ観てやってください。

さて、そんな中気になっていた日焼け止めの一つが2/15発売の日焼け止め「UV エサンシエル コンプリート」です。
が、カウンターで聞いても全く勧められなかったため既存のこちらを購入しました。

スポンサーリンク




CHANEL(シャネル) サブリマージュ ラ プロテクシオン UV 50
30ml・10,500円(税抜)
SPF50・PA++++

高い紫外線カット効果でUVA・UVB両波、さらに乾燥などの外的要因からも肌を守る日やけ止め乳液。高いスキンケア効果をもつマダガスカル産のバニラから抽出した、バニラ プラニフォリア濃縮ウォーター*を配合。ここちよい使用感で、肌の美しさを守ります。*バニラ果実水(保湿成分)

@cosme

UV エサンシエル コンプリートが何故勧められなかったかの謎は置いておいて。
現在販売されているシャネルの日焼け止め(もしくは日焼け止め兼下地)の中ではこれが一番数値が高いそうです。

私は高SPFのアイテムで肌荒れしたりお疲れ肌になったりしたことがないので、冬以外は基本的にSPF50・PA++++のものを使うようにしています。

スポンサーリンク



サブリマージュ ラ プロテクシオン UV 50のテクスチャー


乳液と言っても、2層タイプでシャカシャカ振って使うものに比べるとだいぶ硬めです。
スキンケアのクリームのような感じです。
香りはサブリマージュの香りなので、このラインのスキンケアが好きな人は、日焼け止めなのに使うたびに優雅な気分になれると思います。
もちろん私もその中の一人です。


伸びは良いですが、量が多すぎると肌の上でモタついてしまうので少しずつ取り出して伸ばしたほうが良さそうです。
あと取りすぎると顔面真っ白になります。

レビューを見ていると「すぐにファンデーションを使うとヨレる」という意見もあったのですが、普段リキッド~練りのファンデを使うことがほとんどの私はヨレは感じませんでした。
これは使うアイテムとの相性によるかなと思います。

サブリマージュ ラ プロテクシオン UV 50の感想

下地は結構選り好みが激しいほうなのですが、これはズルズル伸び広がりすぎないという点で気に入りました。
しっとりしていて乾燥しないので、今の時期でも使いやすいです。
これが真夏になってくるともっとサラサラしたタイプが使いたくなるのかもしれませんが、春の間は活躍してくれそうです。

かなりお値段のするものですし、厳しい言い方をすると良くて当たり前な部分もあります。
なので費用対効果の面から見てものすごく優れているかと言われると、まだ今のところ謎ではあるのですが、これから使いながら他に良いポイントを発見したら追記しようかなと思っています。

ちなみに普段下地はスポンジに直接取って使うのですが、これは手で5点置きして簡単に伸び広げてからスポンジを使うようにしています。
せっかくのサブリマージュなので、手に付いた分は手の甲などに伸ばして、少々の日焼け止め効果を狙いつつ香りに癒されようと思います。

関連動画

関連記事一覧