Dior(ディオール) プレステージ ユイル ド ローズ

美容液

昨年秋に発売になった、プレステージのプレ美容液です。
ピンクのビジュアルが可愛くって、雑誌の広告でもひときわ目を引く存在でしたが、ようやく私も購入しました。

スポンサーリンク




Dior(ディオール) プレステージ ユイル ド ローズ
30ml・26,000円(税抜)

肌を活力で満たす美容液。グランヴィル ローズから特別なプロセスを経て抽出した20種の微量栄養素が、肌時計遺伝子に働きかけ、非同期状態に陥った細胞の状態を本来あるべき姿に戻します。肌が活力で満たされ、微小炎症に対する抵抗力が高まり、若々しい状態へと導きます。

先日Diorのメイクイベントに行った際に、スキンケアはプレステージを多めに使ってもらいました。
その時に改めて使い心地の良さと、MAさんの説明を聞いて「やっぱり欲しいな」と。

美容液30mlで26,000円でもヨイショがいりますが、これ「プレ」美容液ですからね。
つまり、別で美容液も必要ということ。

プレにこんな金額出していたら肝心の美容液が買えないじゃん(涙)と思っていたのですが、今からの時期は特に紫外線や湿度の変化(多湿な野外と乾燥した室内)、気温差などでお肌には今まで以上に負担がかかりそうな予感。
ということでスペシャルケアを投入したほうが良さそうかなと思い、このタイミングでラインアップに組み込みました。

スポンサーリンク




このツブツブっぽいビジュアルすらも可愛い。
スキンケアは見た目じゃなく使用感や効果!という意見もあると思いますが、私は加えて見た目も重視したい。なぜなら使うたびに気分が高まるから。
気分が高まる=毎日欠かさず使うようになる、というのもスキンケアを継続して使う上で非常に大切なポイントだと思うのです。

この話しょっちゅうしていますが(゚▽゚)。

Dior(ディオール) プレステージ ユイル ド ローズの使用感


テクスチャーはブースター美容液にありそうな、若干とろみが合って馴染ませた後は少しペタッとするような感じです。
使う順番はスキンケアの一番最初ではなく、化粧水の後になります。
私の場合、最近はローズ系のスキンケアにハマっているので、同じくプレステージのクレンジングバームでメイクオフした後に、iHerbで購入したHeritage Storeのローズミストを浴びるほど付けてから、ヴェレダのワイルドローズの化粧水を馴染ませてその後ユイルドローズを使っています。
これの後の美容液は、保湿系や美白系など日によって様々ですが、ユイルドローズはよっぽどスキンケアする元気がない日以外は朝晩使っています。

正直お値段の割に何か劇的な変化を期待できるような効果を謳っているわけではないので(酷い言われ様)、数日使って確かな手ごたえ!みたいなのは期待していないのですが、しばらく使っているうちに「なんか肌の調子が良いんだよな」という状態になってくれることを願っています。

この前久しぶりに肌荒れもしたところだし(治ったけれど)!

そう思うと乾燥する秋冬、揺らぎやすい春、そして汗でかぶれる夏とお肌にとって休まる時期ってホント少ないんだよなぁ・・・。

三越・伊勢丹オンラインストア

関連動画

関連記事一覧