ロジェ・ガレ グリーンティーパフューム ウォーター

フレグランス

初めてロジェガレでお買い物しました。
ロジェガレといえばフィグやローズのイメージが強くて、全体的にフェミニンな香りのブランドなのかな~程度の知識しかありませんでした。

スポンサーリンク



以前、視聴者さんからそのフィグのシャワージェルを頂きまして。
普段だとフルーティーな香りのものを自分で買うことがなかったので、すごく新鮮に感じました。
実際に嗅いでみると甘ったるくはなくとても使いやすかったので「これは今まで食わず嫌い(嗅がず嫌い?)していた系統の香りを試すチャンスでは?」と博多のカウンターへ向かったのでした。

実際カウンターも明るく透明感のあるディスプレイで、上品でフェミニンなデザインのアイテムがたくさん並んでいました。
最初は有名なローズをはじめジンジャーなどを嗅いでいたのですが、嗅いだ瞬間に「これは!」という香りに出会ってしまったのです。


ロジェ・ガレ グリーンティーパフューム ウォーター
50ml・4,500円 / 100ml・6,000円(税抜)

※画像は50mlサイズです

グリーンティーに、グレープフルーツ、マンダリンのノートが調和した、木々が生い茂る森の中にいるような香り。
富士山の裾野に広がる茶畑からインスピレーションを受けて、日本の伝統が織りなす繊細な香りが生まれました。

ロジェ・ガレ公式サイト

スプレーした瞬間にグリーンティーとシトラスフルーツがはじける、とても清々しい香りです。
とはいえ前面に柑橘系の香りが押し出されているタイプの爽快感とはまた違った、スッキリとしつつも落ち着きのある香りは梅雨の時期にもぴったりだと思います。
ベースはほんのりウッディーで、最後までリラックスさせてくれます。
爽やかなのだけれど丸みは感じられる、と言えばいいでしょうか。


ロジェガレの香りにはどれも透明感があると思います。
気軽に纏えるコロンなので、年齢問わず使えるのではないでしょうか。
普段は重めのEDPを愛用されている方でも、ふとした時の気分転換用として使えるかと思います。

グリーンティーに似た香り

最初試香したときに、ゲランのハーバフレスカに似ている!と思いました。
(ゲランのアクアアレゴリアシリーズも夏にぴったりな透明感のある香りが揃っています)

で、実際に嗅ぎ比べてみました。
似ているのですが、ハーバフレスカのほうがよりフレッシュで力強いです。
ハーバフレスカもゲランのフレグランスというカテゴリで見ると非常に軽くて使いやすい香りなのですが、ロジェガレのほうがもっとみずみずしく感じます。
トップも同じ爽やかさでも、ハーバフレスカのほうがもっと弾けるようなイメージです。

よかった、別の香りとして楽しめそう!

コスメもですが香りものも「似ている」と思っても実際比べると大抵違っていますね。

グリーンティーの感想

いつも香水を買うときって、その香りを理解しようと意気込んでいる部分があるのですが、これはそういう難しいことを考えずに使える香りです。
この香りに限らず、ロジェガレの香りはどれもそんな雰囲気かも?
オーセンティックな香りを背景の物語を紐解きながら纏うのも楽しいですが、ぱっと嗅いでみて「良いかも」と思った香りを気軽に纏うのも楽しいですね。
やっぱり香りものは奥が深くて飽きません。

@cosme shopping

関連記事一覧