SUQQUの2018サマー予約しました

2018サマーコレクション

スポンサーリンク




パレットをどちらか一つだけ・・・と思っていたのに、タッチアップしたらこんなことになりました。
パレットなどアイコン的なアイテム以外は、タッチアップして初めて良さが分かるということがよくありますね。
今回のラインアップで言うと、クリームチークがまさにそんなアイテムでした。

予約終了しているものも多いかもしれませんが、発売日当日に向けてテスターチェックしに行くという方はぜひチークを一緒に触ってみて頂きたいです。

デザイニング カラー アイズ118 タッチアップ


何はともあれ、目元のタッチアップ画像です。
まずは人気の「119 向日葵-HIMAWARI」です。

今回のパレットはどちらも左下がポイントカラーになっており、これを部分的に使ってもいいし、もちろんガツンとメインで使ってもOKです。
また、左下を抜いて他の3色で仕上げるとオフィスメイクにも対応できます。
ポイントカラーは面で使わずにたとえば下瞼にライン状に引くという使い方もできます。

119はポイントカラー以外がカーキっぽいカラーになっています。
赤みが少なく黄みを感じるのでクールな印象です。
左下抜きだと、本当にデイリーユースしやすい色合わせだと思います。
ここにお出かけするタイミングで左下をプラスする、という使い方もオススメしてくださいました。

イエローをプラスすると一気にカジュアルな雰囲気になります。
白のコットンワンピを着てリゾートに行きたくなります。


メインビジュアルは下瞼にイエローを使っていましたね。
私はこの使い方、絶望的に似合いませんでした(笑)

イエローは使い慣れていないものの、まだ上瞼に広い面積で使うほうがしっくり来ました。
からし色までは行かないのですがどこか日本的な色味に感じます。
なのでPOPにはならず、あくまでも大人っぽい遊びカラーといった仕上がりになります。

スポンサーリンク



デザイニング カラー アイズ119 タッチアップ


私の本命は119なんですよね。
こっちのほうが断然使いやすいと思いません?

118は限定らしい配色と言うか、今年のトレンドそのものだと思います。
119はそこまでトレンド感が強すぎないので長く使えそうな気がします。

こちらは全体に赤み寄りの色がセットされています。
118と使い方は一緒なので、右上がメインでも左上がメインでもいいのですが、とにかくこの2色と右下の締め色の組み合わせが素敵です!
というかこの締め色が素晴らしい。クール過ぎずでも大人っぽい絶妙な色に思います。
この色は他のアイシャドウとも組み合わせて締め色として使いたいなぁと思っています。

119はどんな使い方をしても失敗しない気がします。
普段オレンジを使わない私でも、あまり考えずにぱぱっと仕上げられそうな配色です。

スックも当初は119のほうが人気が出ると予想していたんだそうです。
それがいざ雑誌などに掲載されると118のほうが反応が良く、予約もあっと言う間に終了してしまったそうです。

他に予約したもの

上でも書きましたが、練りチーク!
「ジューシー ブライト クリーム ブラッシュ」というアイテムですが、これが非常に良かったです。
2色のうちシェーディングにも使えそうな「102 艶焦 -TSUYAKOGARE」というお色を予約しました。
今まで使ったクリームチークの中で一番伸びがよく透明感があるように感じました。
この手のクリームチークってペタペタしてパレットタイプの口紅みたいな質感のものもありますが、スックはペタペタせず扱いやすかったです。
透明感があるのでぼかしやすく、普通のチークと同じくらい手早く仕上げることができます。

チークのベースに使ったり、シェーディングを入れる箇所に使ったりできます。
暗すぎず肌に馴染んでくれる色味がスックらしいです。
パウダーのチーク(既存色)も付けるとめちゃくちゃ使いやすい色なので、いつか欲しいんですよね。
「スックのブラウン系のチーク類は、食わず嫌いせずにタッチアップしてみるべし」と思っています。

あとはスティックハイライター。
「ヌード イルミネイティング ハイライト スティック」という名前で限定品です。
スティックタイプのハイライターってRMKのかの有名なやつを使っていたのですが、パールをぎっちりと固めたハイライターはテッカテカになってうまく使いこなせなかったんですよね。
あれはかなり白かったのですが、スックのはパッと見のトーンももう少し低めです。
ゴールドパールということですが黄色過ぎないので肌なじみが良いです。
オイルも配合されているので粉っぽくならず、直接ぐりぐりと塗ることもできます。

SUQQUのサマーで作りたいルック

ブラウンチークとハイライターで立体感を出し、全体に艶っぽく仕上げたベース×ハイライターで夏の日差しに似合いそうな雰囲気に仕上げたいです。
目元はどちらのパレットを使っても、カジュアルすぎず上品さのある大人っぽい夏メイクが楽しめそうです。
スックのパレットって、「一見カジュアル」「一見可愛らしい」配色でもいざ使ってみると単純にその時のトレンドっぽいテイストに仕上がるのではなく、どれも一貫して「スックらしい上品さ」があります。
これだから山のようにアイシャドウを持っていても、新しいスックのパレットが出るとつい集めたくなるんだなぁとしみじみ感じました。

三越・伊勢丹オンラインストア

関連記事一覧