Dior(ディオール) ディオールヴェルニ 282/240

ディオールヴェルニ スノーカラーコレクション 2018限定色

Diorのレビューが続きます。
今回のビジュアルを見た時に、ブラッシュ&ブルームパウダーと同じくらい気になったのがヴェルニ。
久しぶりのヴェルニですが、百貨店ブランドのネイルポリッシュの中では、Diorのヴェルニが一番好きなんです。

スポンサーリンク



何億回と言ってきましたが、ブラシの形状が秀逸。
平筆のかまぼこ型で、めちゃくちゃ塗りやすいです。
ゲランも同じ形状ですが、他のブランドもぜひこれに統一して欲しいくらいです。

Dior(ディオール) ディオールヴェルニ
3,000円(税抜)
240 ムーンライズ
282 オーロラ

ジェル ネイルのような仕上がりを叶えるマニキュア。優しいフォーミュラで、ずっと続くジェル ネイルのようなつやと輝きのある美しい仕上がりを演出します。あらゆるファッション、あらゆる場面、あらゆるフィーリングにマッチする多彩なカラー バリエーション。つやと輝きを引き出す、プロ仕様のブラシです。

今回のコレクションのイメージにぴったりな限定色2色。
どちらも雪の輝きのような、ごく繊細なキラキラ感を楽しめるカラーになっています。
春のコレクションなので寒々しさはないのですが、晴れた日に雪が反射して輝いているようなまさにそんなイメージです。

ディオールヴェルニ 240ムーンライズ


ムーンライズっていう名前がもう!
そのまま見るとヘルシーなビタミンオレンジっぽさを感じますが、実際は少し透明感を感じるようなパールネイルで、オレンジ=元気なイメージなのにもっと上品に見えます。
また、実際にテスターを触ると分かるかもしれませんが、スジになりにくく非常に塗りやすいフォーミュラです。
これはこのDiorのヴェルニに限ったことではなく、この手のパール感のあるネイルだとどれもだと思いますが、ぱぱっと塗れるので時間がないときにも手が伸びそう。
夏まで活躍してくれそうなカラーです。

ディオールヴェルニ 282オーロラ


オーロラっていう名前ですが、オーロラで想像するような偏光感は感じません。
むしろ240のほうが偏光ぽくて、こちらは塗るとベースはマットで透け感がありません。
ごく細かいパールが入っているので、仕上がりは艶っぽいですが、ミルキーカラー特有の塗りにくさがあります。
スジやムラになりやすいので注意です。
指が日焼けしちゃうと似合わなくなる色かなと思いますが、まさに雪の世界の女王様みたいなカラーで、ちょうど冬から春に移り変わっていく今の時期にぴったりだと思います。

スポンサーリンク



ディオールヴェルニ 282/240の感想


ランダムに塗ってみました。
どちらもコレクションのコンセプトにはぴったりですが、色はもちろん質感も全然違うので別物として十分楽しめます。

ピンクネイルはシーンを選ばず使いやすいイメージですが、282に関しては白身が強いのでオフィスだとNGなところもありそうな気がします。
240はカジュアルなシーンにマッチしてくれそうなので、スウェットにデニムなんかのスタイルの日にも良さそうです。

まだまだ寒くて服はニットを着ていたりしますが、このヴェルニを塗れば指先だけでも春を先取りできそう!
シーズンムードを高めるのにネイルや小物、メイクって重宝するなぁとしみじみ。
春が待ち遠しいですね。

三越・伊勢丹オンラインストア

関連動画