sephora(セフォラ)でのお買物方法

ついにきました、セフォラでのお買い物方法です!

海外コスメ通販の中ではハードルが高いように感じたセフォラ。
ようやく第一便が到着しましたので、オーダーの流れをご紹介していきます。

スポンサーリンク



関連記事

商品の選び方

ほしいものをカートに入れる

今回も会員登録はすっ飛ばして、とにかく先に欲しいものをかき集めてから決済画面に進んでみようと思います。
まずはセフォラの公式サイトを開きます。
こんな感じ。


右上の国旗が「US」になっていますが、ここで日本を選ぶことはできないのでこのままでOKです。
よくあるECサイト同様、バナーからブランドやアイテムごとに商品検索ができます。
Google Chromeなら日本語翻訳も右クリックで簡単にできますので「イージーモードじゃん」・・・となりそうですが、まぁこれからいろいろありますよ!

まずはセフォラを利用するにあたって、他の海外コスメ通販サイト以上に気をつけないといけないのが「買えるものと買えないもの」です。
セフォラで購入できるもの、というか購入できないものについて、まずはお勉強しておきましょう。

セフォラで購入できないもの(日本配送NGなもの)

・日本で展開されているブランドのアイテムはすべてNG
→海外限定品だろうとすべてNGなはずです。

・サンプル類、ポイント交換品
→「サンプル上げるよ!」「ポイントでこれに交換できるよ!」とカート画面で表示されますが、うっかりカートに入れてしまうと決済画面に進めません。
※結構なアイテムや組み合わせを試してみたけれどダメだったのでこう結論づけたのですが、単に在庫切れで普通は選択できるよ!という場合はぜひツイッターのリプででもご一報ください。
【2018.2.7追記】
カスタマーサービスに問い合わせたところ、どうやら表示されているアイテムでも、配送を担当する倉庫に在庫があるかどうかにかかっているそうです。
1回目、2回目で私が選択したポイントギフト&サンプルはどれも弾かれてしまったたので、全部配送NGなのだと思っていましたが、3回目のオーダーにして初めて在庫があるものを発見!
サンプルはカートに入れることが出来ました(1つだけだけれども)。
ポイント交換はやっぱりできませんでした。

・意外なもの(予測不可能なもの)
→これはカート画面から決済画面へ進もうとクリックしてみるまで分かりません。
例えばセフォラ×モスキーノみたいなアイテムも弾かれました。
あと、日本で特に展開されていない気がする(私が知らないだけ?)アーバンディケイなども弾かれました。


物によってはこんな風に、親切にカートに入れようとした時点で弾いてくれます。

結果、セフォラでお買い物するなら、まずは日本で明らかに展開されているブランド以外の者から選んでカートに入れてみて、弾かれたものを削除するという消去法で進めていくのがおすすめです。

この弾かれた時の画面などは以下の「決済画面へ進む」の項目でももう少し詳しく取り上げます。

意外と日本配送OKなもの

これはセフォラユーザーさんから教えていただいたのですが、日本で取扱のあるブランドのアイテムが入っていても、「sephora favorites」のカテゴリのアイテムだと弾かれないのだそう!


検索してみたところ、こんなミニチュアアイテムのキットみたいです。
かわいい!!!!
ミニチュア好きな人は心を掴まれると思います。
これ次オーダーする時にどれか欲しいです。

商品画面での操作

これはセフォラに限らず他のサイトでもよく出る症状なので、忘れないうちにここに書き残しておこうと思います。
たとえばこんなリップの商品画面。
右に色のサムネが出ています。
通常だと色を選択すると、上のカラー名も変化していくのですが・・・


こんな感じでGoogle Chromeで日本語翻訳すると、翻訳マセに選択していたカラー名しか表示されず、選択し直しても色の詳細が表示されませんのでご注意を。
気になる色の詳細が見たい場合は、英語の状態で色をクリックし表示させてから、右クリックで日本語翻訳してみてください。
また、日本語翻訳を再度英語表示に戻したい場合は、右クリックで再度読み込みすると戻ります。

スポンサーリンク



カート画面

商品の選択方法などは普通のECサイトと同じですので省略します。
在庫があればカートに入れられるし、在庫切れなら再入荷通知を依頼することができますので、メールアドレスを入力するウィンドウが開きます。
(ちなみに再入荷通知依頼もしてみましたが、入荷したらちゃんとメールが届きましたよ)


カート画面に進むには、画面右上のバスケットのアイコンをクリックします。


ここでようやく日本を選択できます。
青い○で囲んだ部分をクリックすると、配送する国を選ぶことができますのでJapanを選択します。
選択すると青い□で囲った部分が「Shipping to Japan」に変わります。これでOK。

その上の赤いチェックアウトボタンをクリックします。


はい、まず1回目弾かれました。
タッチの差で在庫切れになってしまったようです。
「REMOVE」をクリックして削除します。

再度チェックアウトボタンをクリック。


2回め弾かれました。
「バスケットには、チェックアウトする前に削除する必要のある制限されたアイテムがあります。あなたのバスケットからアイテムを削除するには、REMOVEリンクをクリックしてください。」
つまり「どれとは言わないけれどどれかが日本配送NGのだよ!」ということです。
これは最初「どれがNGなの!?」ってなっていろんなものをカートから削除してはチェックアウトをクリックしてみて・・・を繰り返していましたが、数回試してみて分かったのはサンプル類を選択しているとこの表示が出るということです。

なのでサンプル類をリムーブします。
ようやくチェックアウトボタンを押しても弾かれなくなり、決済画面へ進めました。

決済画面

左の項目は送料、ギフト包装、支払い方法の選択になっています。
順番に見ていきましょう。

住所入力


一番上に名前と名字を入力します。
住所の日本語表記に関してはいつも書いていますが、『JuDress | 住所→Address変換』こちらのサイトが非常に便利です。
ここで英語に変換した住所を、マンション名や番地などの詳細、下の段に郵便番号、区や市、そして都道府県と日本語で書く順番の逆に入力していきます。
一番下の電話番号まで入力したら「SAAVE&CONTINUE」をクリック。

送料と税金


カート画面では送料と関税が表示されていませんでしたが、ここにきてようやく右側に表示されるようになります。

日本語翻訳してみます。


こんな感じ。
送料は1万円を超えるかどうかで金額が変わると思います。

一万円以上だと1,500円、それ以下だと金額に応じて変化していました。
たとえば商品合計額4,100円で送料2,064円、6,911円で送料2,297円といった感じ。

また購入額が16,666円を超えると関税がかかります。
この時は超えていたので1,719円関税がかかっています。

関税に関してはこちらの記事に詳し書きましたので、参照下さい。

ギフトラッピング


ギフトラッピングは有料ですが、袋と箱から選べますので、必要でしたら選択してください。

内容がOKなら右の赤いボタンをクリックすると注文完了です!

オーダー完了


ようやくオーダーが完了しました。
注文完了のメールも届きます。

追跡方法

既に2回利用したセフォラですが、未だによく分からないのがこの追跡についてです。
普通に見ると、セフォラサイト内でも追跡できる上に、いつ届くのかカレンダーにも表示されていて非常に便利なのですが、問題なのはそれが反映されるまで謎のデータが表示されることです。
とりあえず先に、通常の追跡画面をご紹介しておきます。
出荷されるとセフォラからメールが届きます。


そして、追跡のデータがセフォラに反映されると、こんな風に右側に荷物がどこにあるのかと、左に到着予定日がカレンダーで表示されるようになります。
また右側のバーをスクロールさせると一番下に追跡番号が表示されているので、そのままDHLのサイトに飛んで、そちらでももう少し詳細に追跡することが可能です。
(例えばこの画面だとトラックのアイコンの上に△の中にびっくりマークが表示されていますが、これはDHLに飛んで確認してみると、DHLから佐川急便に引き渡される前に、引き渡しのタイミングまで保管状態になっていたためでした。)
ちなみにおなじみのDHLのサイト内だと、こんな感じで荷物がどこを通過していまどこにあるのかを確認できます。


時系列的には下がスタート、上が最新の情報です。
これもクロームの日本語翻訳を使えばわかりやすいです。

で、問題は出荷データがまだセフォラサイト内に反映されていない状態のときなのです。


画面はこんな感じ。
一見普通です。

が、この状態で右のバーを下にスクロールさせると、DHLの追跡番号が表示されているんですよ。


こんな感じ。
なので私は最初「あれ?詳細が反映されていないだけで出荷はされたってことなのかな?」と思ったのです。
ところが、この追跡番号、赤の他人の全然関係のないデータであることが判明ww

最初DHLに飛んでみた時は、セフォラから出荷されたばかりのような状態になっていたので、自分の荷物だと思っていたのです。
ですがよく見てみると最終目的地が韓国だったりアメリカだったり、出荷日が注文日より数日前になっていたりと自分の荷物では無いことがわかりました。
また、セフォラのサイト内に表示されるこの番号も何故かしょっちゅう変化する(笑)。
そのたびに「修正されたのかな?」と再度DHLに飛んでみると、また他人のつい最近の荷物のデータ、ということの繰り返しでした。
なのでこれは流石にセフォラに問い合わせてみたのですが、
「チェックして正しいデータに更新しました!届くまで待ってね♪」
といった回答で、あのデータが何だったのかは不明のままです。

このあとすぐにセフォラから出荷したよメールが届き、サイト内でも追跡ができる状態にアップデートされ、追跡番号も間違いなく自分のものになっていました。

これの気になる点は、1回目のオーダーをした時のことを思い返してみると、そういえば同じ状態だったように思うのです。
(その時はすぐに出荷されて正しいデータが反映されたので特に深く考えなかったのですが)
たまたま2回連続そうだったのか、毎回そういうものなのかは謎ですが、つまり「セフォラから出荷したよメールが届くか、セフォラ内で正式に追跡ができるようになるまでは、DHLの追跡番号が表示されていてもアテにしないほうがいい」ということです。
他人の追跡番号が表示されたところで、最終的な住所や氏名が表示されているわけではないのであれですが、日本だったら「セキュリティーが~」「個人情報が~」と言われそうな話ですけれども。

カスタマーサービスへの問い合わせ方法

ちなみに今回はこの一件でセフォラに問い合わせをしてみました。
問い合わせ先のメールアドレスは「送料と税金」の項目の画像右上にも表示されていますが CustomerService@Sephora.com です。

サイト一番下のcontact usからもメールフォオームを開くことができます。
返事は24時間以内を目指しているそうで、この時は14時位にメールをして、翌朝の8時位に返信がありました。

届いた商品の状態

第一便は既に届いていて開封しました。
こちらの梱包状態については動画の方でも紹介予定ですが、緩衝材も入っていて破損などはありませんでした。
特に商品を個別に包んだりはしていませんでした。
ダンボールに入って、佐川急便で届きました。

セフォラを利用してみた感想

追跡の件の詳細を書き残しておきたかったので、記事のUPに時間がかかってしまったセフォラ。
謎の追跡番号に惑わされて、とっくの昔に出荷されているものとばかり思っていたので、届くのを心待ちにしていたら全然出荷されておらず、来週の到着を待っている状態です(笑)。
が、もういい加減書いておかないと流れを忘れてしまいそうなので一度UPしておきます。
これで第二便が届いてもし破損か何かトラブルがあれば書き足すようにします。

(2018.1.28追記)
第二便到着しました。


1品のみのオーダーでしたが、箱のサイズは前回と同じかと思います。
明細類は箱を閉じた上面に貼り付けてあります。


隙間にはしっかり緩衝材が★
底にもプチプチを一枚敷いてくれていました。
破損もなく無事届いてホッとしています。


1/19注文→1/28到着ですので、注文から9日で到着ですね。
出荷されたのが1/24なので、出荷から到着までは5日です。
DHL早い!

関連動画