M・A・C スモール アイシャドウ オメガ

M・A・C購入品ラストです。
ノーズシャドウ用に選んでいただいたシングルアイシャドウ。
スモールアイシャドウは私がメイクをし始めた頃、超メイク初心者の頃から存在を知っていたのでロングセラーアイテムだとは思っていましたが、1984年生まれなんですね。
想像以上にロングセラーでした。


M・A・C スモール アイシャドウ
オメガ やわらかな印象のベージュがかったグレーブラウン (マット)
2,400円 (税抜)

1984年のブランド創設時より発売
常に130色ほどのバリエーションをもち、抜群の発色、色持ちで目元を際立たせるアイシャドウ。質感はサテン、マット、ベルベット、ヴェラックス、ヴェラックスパール、フロスト、ラスターの7種類。

これは完全におまかせで選んで頂きました。

ノーズシャドウの色

普段はアディクションのブラッシュの27番ネイキッドライズをノーズシャドウ&シェーディングに使っていて、そちらも選んでいただいた色なのですが、オメガに比べるとかなり黄色いですね。
でも、両方の色魅せられて「ノーズシャドウにするなら?」と聞かれれば、セルフチョイスだとネイキッドを選ぶ人が多いんじゃないかなと思います。


ですがここはM・A・C BAさんのメイク技の凄さ。
黄色みが強くオレンジっぽい色を選ぶとくすんで見えるんだそう。
オメガはグレーがかっているしブラウンというよりはベージュなのでぴったりなんだとか。


たしかに!
肌にのせるとグレーが強く出過ぎることもなく。
私の肌色にはしっくりきている気がします。

ノーズシャドウの入れ方

これもブランドによって様々で、私も今までいろんなブランドでレクチャーを受けたり自分でも調べたりしましたが、今回M・A・Cで教えていただいた方法が一番簡単だし自然!
今まで、目頭付近から鼻先方向へ引き抜くように、平筆(アイシャドウブラシのMサイズくらい)で入れていたのですが、ハイライターとのバランスを見て何度も調整しないといけないのと、あと顔半面のアザの赤みを引き立たせてしまい、せっかくカバーしたアザが透けて見えるような仕上がりになってしまい、どうしようか悩んでいたところだったんですよね。

ところが!
M・A・Cでレクチャーを受けたのは、動画を見ていただくと詳しく場所を説明していますが目頭当たりにブレンディングブラシのような小さめのブラシでグリグリ入れるんですよ!
鼻筋当たりは全然使わないんです。びっくり!

これがね、もう鼻筋まで入れたときと変わらない立体感で(笑)

今まで時間かけて何やっていたんだろう(´・ω・`)

ってなりました。


そういえばシェーディングは同じ色で良いのか、別で色を合わせたほうが良いのか聞くのを忘れました。
ブラシも気になっていることだし、次M・A・Cのカウンターに行ったら聞いてみようと思います。

しかしこれアイシャドウとしてもいい色だなー!
(元々アイシャドウなので当たり前)


MAC・スモール アイシャドウ
三越・伊勢丹オンラインストア

関連動画

 

スポンサーリンク