コスメデコルテ コスメデコルテ化粧液(モイスチュアリポソーム)

先日まで使っていたアウェイクのパラダイスコールを使い切ったので、久しぶりにコスメデコルテ化粧液(通称モイリポ)を使っています。


コスメデコルテ コスメデコルテ化粧液(モイスチュアリポソーム)
40ml・10,000円 / 60ml・13,500円(税抜)

※画像は60mlサイズです

多重層リポソームを採用した化粧品として、“モイスチュアリポソーム”の愛称とともに、長年親しまれているコスメデコルテの保湿美容液です。洗顔後すぐ肌になじませると、直径0.1ミクロンのリン脂質のカプセルが角層深くまでスムーズに浸透。外側の膜から少しずつ美容成分を放出するので、かさつく肌はいつまでもしっとり。キメをふっくら整え、ハリのあるなめらかな肌をかなえます。

ブースターは今まで、ランコムのジェニフィックやトワニーのタイムリフレッシャーtも使ってきましたが、一番サラサラしていたのはジェニフィックかなと思います。
パラダイスコールはとろみのある化粧水と美容液の間のようなテクスチャー、タイムリフレッシャーtとモイリポはもう少し硬めですが、タイムリフレッシャーのほうがつけた後ペタペタします。


ジェニフィックはスポイト式、パラダイスコールは普通の化粧水のようなボトル口になっているのですが、モイリポはポンプ式でそこが嬉しい♪
朝晩、各2~3プッシュずつ使っています。


手に出してみるとこんな感じ。
白濁、というかほぼ白に見えます。
洗顔後とにかく真っ先にこれを付ける!
それから他のスキンケアの準備をして(笑)。


伸ばすとこんな感じです。
3プッシュで顔全体~首くらいまで塗れます。
なんとなく顔表面が覆われた感じがして安心してしまいますが、油断は禁物なので次のケアへ移ります。
今開封している化粧水は、珍しくすべてがとろみのあるタイプなので、その日の肌のコンディションに合わせて1本だけ選んで、モイリポ→化粧水を複数回に分けてハンドプレスでゆっくりと入れ込み→美容液→乳液→クリームとケアしていきます。


お肌が揺らいでいる時、私はアルコール感の強いスキンケアを使うとお肌が(特におでこからこめかみあたりの髪の生え際)赤くなりヒリヒリしがちなので、春になり花粉にヤラレ始め、パラダイスコールは最後のほうちょっと使いきれるか怪しかったのですが^^;(普通のコンディションの時なら大丈夫なんですけれどね)
モイリポに変えたらあっという間にお肌の調子が良くなりました。
いつもは「化粧品なんて日々進化しているんだから最先端のものが良いだろう」スタンスの私ですが、お肌が揺らいでいる時はやっぱり信頼の置けるアイテムに戻ってきます。
というわけで、引き続き朝晩使って花粉シーズンを乗り切りたいと思います。

メイク動画UPしました☆

画像や文章で伝わらない部分を動画でご紹介したいなーと思い、最近YouTubeにもアップすることが増えました。
今日は、最近ハマっているピンクアイメイクの紹介動画をUPしました♪

よろしければぜひ!チェックしてみてください☆