PAUL&JOE(ポール&ジョー ボーテ) フェイシャル コットン

PAUL&JOE(ポール&ジョー ボーテ) フェイシャル コットン

先日ゲンテイプライマーを購入した際に、丁度コットンがなくなりかけていたのでこちらも買ってみました。
コットン大好き人間なので(・∀・)
つい、いろんなブランドのものを比較したくなります。
今まで使ってきたコットンについてはこちらの記事一覧の最初のほうにいくつかUPしているので、気になる方は参考にされてみてください^-^

 

 PAUL&JOE(ポール&ジョー ボーテ) フェイシャル コットン
PAUL&JOE(ポール&ジョー ボーテ) フェイシャル コットン
80枚入・480円(税抜)

やわらかくて、毛羽立ちにくい。よりよい肌なじみを叶える専用コットン。3層のコットンの内側にオイルやローションを溜め、乾燥することなく放出するので、より効果的に、たっぷりとムラなく肌になじませることができます。肌をやさしく磨き上げるようにコットンをすべらせるだけで、巡りを促します。オイルを肌にすべらせても毛羽立ちが起きにくく、肌との摩擦の少ない、やわらかくしなやかで弾力のある使用感です。
コットンサイズ:60×80mm

 PAUL&JOE(ポール&ジョー ボーテ) フェイシャル コットン
結構小さめの箱だなーと思ったら、1枚ずつがかなりしっかりとプレスされていて、あまり厚みがありません。
みちっとはしているのですが。

 PAUL&JOE(ポール&ジョー ボーテ) フェイシャル コットン
大きさはごくごく一般的かと☆
これくらいのサイズ。

 PAUL&JOE(ポール&ジョー ボーテ) フェイシャル コットン
厚みはこんな感じ。
「やわらかくて、毛羽立ちにくい。」との説明ですが、たしかにコレだけみっちりとしていてなおかつ表面のプレスもしっかりされていれば確かに毛羽立ちはしません。
だけれど、やわらかくは無い(笑)。
むしろ硬い。
リサージのコットンに馴れている私ですら硬く感じるから、相当硬いと思います。
間違ってもアルビオンとかのふわふわコットンを普段使っている人がコレ使ったら、あまりの硬さにびっくりするんじゃないかと^^;

オイルにも使うコットンのようなので、毛羽立ちにくさ&内側に水分(というオイルなら油分だけれども)を蓄えることを意識したらこういう仕上がりになったんでしょうね。
たしかにコレならたっぷりしみこませても垂れてはこなさそう。

でも、正直リピはしないかな。
やっぱり現時点での自分の中でのキングオブコットンはDiorです。
(イグニスも結構好きだけれども)

用途によってはこれが使いやすい場合もあるかもしれませんが、ごく限られた場合じゃないかなーと思います。
結構ニッチな層を狙ったコットンだと思います(笑)。

@cosme shopping 三越・伊勢丹オンラインストア