Jo MALONE LONDON(ジョー マローン ロンドン) イングリッシュ ペアー&フリージア コロン

Jo MALONE LONDON(ジョー マローン ロンドン) イングリッシュ ペアー&フリージア コロン

フルーティー系(とくにベリー系)のフレグランスは好きじゃないのですが
これは甘さがまろやかで、しかもコロンだから気分転換に良さそうかなーと思い
試しに購入してみました。
ジョーマローンでも一番人気の香りみたいです。

Jo MALONE LONDON(ジョー マローン ロンドン) イングリッシュ ペアー&フリージア コロン
Jo MALONE LONDON(ジョー マローン ロンドン)
イングリッシュ ペアー&フリージア コロン
30ml・7,500円 / 100ml・14,000円(税抜)

※画像は30mlサイズです

秋のエッセンスを表現した「イングリッシュ ペアー&フリージア」は、英国の果樹園で収穫した、熟したての洋梨のその一瞬の香りを思い起こさせるフレグランスです。

洋ナシって食べられない(苦手)なんですが、香りは好きです。
角のない甘さというか。

ただ、コロンだからか付けた瞬間はかなりアルコール臭がきついです。
(これはこの香りだけなのか、ジョーマローンのコロン全体にいえることなのかは不明)

フリージアって、花自体はそんないハデじゃないし
個人的にはあんまり好きな花じゃないのですが(失礼)
昔好きだったバンドの曲に「フリージアの少年」っていう曲があって
その曲がすっごく好きだったんです。
当時は子どもながらに「フリージアってどんな花なんだろう」と気になっていました。
当時はスマホで検索~とかなかったですからね。懐かしい!

ユリみたいなゴージャスな花を想像していたら実際は全然違ってたけれどww
(ちょっと艶かしいところは通ずるのかな?)

だからフリージアと聞くと反応しちゃいます(甘酸っぱいなオイ)。

とはいえフリージアの香水っていろんなメゾンから出ているので、
これに限らずどこかで嗅いだことがあるという方は多いんじゃないでしょうか。

Jo MALONE LONDON(ジョー マローン ロンドン) イングリッシュ ペアー&フリージア コロン
ジョーマローン自体が1994年にスタートしたブランドで
フレグランスメゾンとしてはそんなに歴史は長いほうではないと思うのですが
またここから歴史のある名香が誕生していくのだとしたら、想像するだけでも素敵。
将来孫とかに「この香りはおばあちゃんが30代の頃に発売されてね~」とか話したい←


ジョーマローン イングリッシュペアー&フリージア コロン30ml