HACCI 1912 リップグロスUV

HACCI 1912 リップグロスUV

HACCIネタが続きます。
季節柄か店頭でも推していたのがこちらのグロス。
ドットが可愛いなーと見ていたら、お勧めされたのでこちらも一緒に購入してみました。

HACCI 1912 リップグロスUV
HACCI 1912 リップグロスUV
7g・2,800円(税抜)

繊細なゴールドパールが、口元を立体的にふっくらとツヤツヤに見せるリップグロス。モリンガのオイルで乾燥からガードし、レモンとオレンジのはちみつで潤いを与え、生活紫外線を防ぎます。ジャスミン、バニラ、グリーンノートを加え、華やかで可憐な香りです。

普段Diorのリップマキシマイザーばかり使っているので
あの「厚ぼってり感」を想像していたら拍子抜けすると思います。
あまり厚みは出ず、グロスなのにあまりベタベタしない不思議な感触。
かといってサラサラ流れ落ちるようなテクスチャーでもないんですよね。
薄めに唇に密着する感じ?

HACCI 1912 リップグロスUV
アプリケーターはこんなスポンジタイプですが
あんまり量は取り出せません。
何回かに分けて取り出したほうが良さそう。

ラメが入っているとBAさんもおっしゃっていたのですが
つけると殆どラメ感は無いです。

HACCI 1912 リップグロスUV
フラッシュたいてこんな感じ。
ぼってりしない分、口紅を重ねても上滑りしないので
口紅下地にしています。

香りは、よーく嗅ぐと甘い香がしますが
付けていて酔うほどの香りは付いていないので
甘い香りが苦手な人でも大丈夫だと思います。

今まで唇の日焼けってあまり考えていなかったのですが
特に私の場合、唇が荒れていて口紅も使えないという日が多いので
ヴァセリンだけではまずいですよね^^;

と言うわけで、今年は唇の日焼け対策もしっかりしたいと思います。