Dior(ディオール) リップマキシマイザー&リップグロウ比較

Dior(ディオール) アディクト リップ マキシマイザー

私の唇に一番合っている(荒れない)リップアイテムがディオールのマキシマイザーです。
今回の限定色で、初めてリップグロウに挑戦しましたが、
しっとり感&ぷっくり感はマキシマイザーが上とはいえ、こちらも使いやすいです。

既存のマキシマイザーやリップグロウをお持ちの方は多いと思いますが、
ここ最近の限定色(多分楽天とかで普通に手に入ると思います)を今一度比較してみたいと思います。

リップ マキシマイザー #007

Dior(ディオール) ディオールアディクト リップ マキシマイザー #007Dior(ディオール) ディオールアディクト リップ マキシマイザー
【限定色】007 ピンク サンセット 3,500円(税抜)

唇のコラーゲン生成をサポートするコラーゲン、ヒアルロン酸微粒子を配合したリップグロス。潤いをアップし、内側からふっくらとした唇に導きます。爽やかなミントフレーバー。

つけるとこんな感じ☆
5月1日限定発売のマキシマイザー。 ピンクサンセット☆
結構パキッとしたピンクに発色します。
見たまま発色。

リップ マキシマイザー #006

Dior(ディオール) アディクト リップ マキシマイザー
Dior(ディオール) アディクト リップ マキシマイザー
【限定色】006 ベージュ サンライズ 3,500円(税抜)
つけるとこんな感じ☆

Dior(ディオール) アディクト リップ マキシマイザー
これも、しっかりとベージュに発色します。
グロスっぽいシアーさはありますが、発色は良いのがマキシマイザーの特徴の気がします。
ちなみに、既存色と比較してみるとこんな感じです。

Dior(ディオール) アディクト リップ マキシマイザー

2月発売のライラックも楽しみ過ぎる!!

付ける人によって、だいぶ色が変わるのはリップグロウのほうだと思います。

アディクト リップ グロウ#005

Dior(ディオール) ディオール アディクト リップ グロウ#005
Dior(ディオール) ディオール アディクト リップ グロウ
【限定色】#005 ライラック 3,500円(税抜)

SPF10
ディオール初のカスタムメイドのリップバーム。くちびる本来のナチュラルな自然のトーンを引き出し、美しく保ちます。優れたモイスチャライジング効果と保護効果でくちびるをケア。ディオールがプロリップアイテムとして提案する、リップマキシマイザーに続くプロ チップアイテムです。

ずっと唇の調子が悪くて温存していましたが、やっとつけることができました☆
マキシマイザーと違って、唇スースーしません。
私はもはやあのスースーがやみつきになりつつありますが(笑)
スースーするの苦手な方は、こちらのほうが使いやすいかも。

ディオールアディクトリプグロウ
こんな感じ!
私の唇では結構赤みが強くでました。意外!
これにマキシマイザーのライラックを重ねるんだ~+(0゚・∀・) + ワクテカ

リップマキシマイザーとリップグロウの使い分け

カウンターだと、マキシマイザーを口紅下地に使ってくれることもありますが、
口紅を重ねると上滑りする・・・という方にはリップグロウのほうがお勧めです。
(柔らかめの口紅なら問題なく使えると思いますが、ブラシで口紅を付ける場合、
先に塗ったマキシマイザーをブラシが削ってしまうんですよね。
リップブラシってコシがあるので。)
リップグロウのほうが、よりシアーで密着度も高い気がするので、下地にするならこちらがおすすめ。
逆に口紅の上に重ねるなら、マキシマイザーのほうがおすすめです。

単品で使うなら、マキシマイザーのほうが発色もよくグロス代わりにもなるので手軽です。
その代わり(?)リップグロウは、つける人によって発色は異なるので
意外な色に発色してくれたりすると、楽しめるアイテムなんじゃないかなと思います。
また仕上がりが自然なので、リップクリーム代わりに使うのも◎。

というわけで、役に立つのかどうかは不明ですが、
限定色をあとで手に入れようとすると、並行輸入品の通販を使うしかないと思うので、
画像で色がハッキリ分からない・・・という方の参考になれば幸いです☆


ディオール アディクト リップ グロウ 005 ライラック

三越・伊勢丹オンラインストア
 

スポンサーリンク