AYURA(アユーラ) メディテーションバスα

AYURA(アユーラ) メディテーションバスα

化粧液に続き、AYURAのトライアル商品のレポです。
化粧液のレポはこちらからどうぞ☆

今回は、ARYURAの代表的な存在のひとつである入浴剤です。

AYURA(アユーラ) メディテーションバスα
AYURA(アユーラ) メディテーションバスα
300ml・1,800円(税抜)

※画像はトライアルの50mlサイズです

ローズウッド、ラベンダー、カモミールなどを中心とした、やすらぎを誘うアロマティックハーブの香りの入浴剤。保湿効果とエモリエント効果を同時に満たす2層タイプで、入浴後もしっとりなめらかな肌を持続させます。

私もアユーラといえばビカッサか入浴剤を思い浮かべるので
これは一度使ってみたかったアイテム。
ちなみに、入浴剤だけでも7種類(かな?)展開しています。
中でもメディテーションバスαは、商品説明に「瞑想風呂」とありました。
※公式サイトで「瞑想浴」のメソッドを公開しています。

メディテーションバスαの使い方

このグラデーションのボトル。
ボトルデザインではなく、中身が二層式でした。
上の部分がアロマの成分で、下の濃い緑のところが植物エキス&保湿成分なんだそう。

(気になったのでお客様センター的な「アユーラ コミュニケーションスタジオ」に電話して確認しました)

よく振ってから使います。

AYURA(アユーラ) メディテーションバスα
振ると森林を思い出させるきれいな黄緑に。

1回の使用で25mlです。
なので、トライアルサイズで2回分ですね。

AYURA(アユーラ) メディテーションバスαAYURA(アユーラ) メディテーションバスα
お湯に溶かすと乳白色に。

メディテーションバスαの香り

なんとなくイメージとして、森林浴みたいなウッディな香りがするのかと思いましたが、
そのまま嗅ぐとスッキリ系、お湯を嗅ぐとすっきり感がもう少しマイルドになったハーブ系の香りでした。
「瞑想風呂」というだけあって、思わず長湯してしまう香り。

メディテーションバスαの使用感

お風呂上がりのお肌はしっとりすべすべ。
同じボトルデザインでオレンジっぽい色の「ウェルバランス ナイトリートバス」というのもあって、
そちらは「夜律風呂」ということで、よりスキンケア効果を期待できるんだそう。
(ということは、これよりシットリするのか・・・?)

対するこちらメディテーションバスαはリラックス効果重視。
コミュニケーションスタジオのお姉さん曰く
「メディテーションバスαのほうが人気ですよ~」とのことでした。

余談。個人差あると思うので
話半分でお願いします。

お風呂上がり後の自分の肌を嗅ぐと、なぜかゲランのジャルダンバガテールのEDPつけたときのニオイがするんですよね。
なぜだ!?
調香見比べても、確かにフローラル系の香りはどちらも入っているものの、花の種類はかぶっていないのになぁ。
体温と元々の体臭の兼ね合いかしら。
とはいえ、入浴中はアロマティックハーブの香りで癒され、入浴後はフローラルさで癒されで個人的には二度オイシイです。

ファーストアユーラの総評

スキンケアだけでなく、癒しとか香りを重視したブランドっていくつかあります。
個人的にはコーセーのアウェイク、アルビオンのイグニスなんかがそうだと思うのですが、
アユーラも含め、どこも「独自の癒しの方向性」みたいなのを確立しているなぁと。
(アウェイクだったらサイプレスの香り、イグニスならヨモギとあの独特のデザインとか)
アユーラはやっぱり「和」を連想させるパッケージデザインと、ツボ押しを彷彿させる独自メソッドでしょうか。
あと「解きほぐす」っていうコンセプトですね。

で、こういう系のブランド好きとしては、アウェイク、イグニスと買いあさってきたので
やっぱりアユーラも避けて通らずには、というか(笑)。
トライアルで有名どころの商品を試せたし、この機会に商品のラインアップを見ていたら
知らないアイテムもたくさんあってワクワクして。
年の瀬に新しく気になるブランドに出会えたことを嬉しく思います。

バナー原稿imp

ちなみに、敏感肌用や乾燥肌用もあります。
こちらもメディテーションバスαがついたキットです。
乾燥が気になる冬場は、こちらもオススメです☆

バナー原稿 468×60(140401)imp
 

スポンサーリンク