レキャトル#254ティセドートンヌを使ったアイメイク

今日から9月!
ということで、アイメイクもカーキで秋らしく仕上げました^^

CHANEL(シャネル)レ キャトル オンブル #254ティセ ドートンヌ
CHANEL(シャネル)レ キャトル オンブル #254ティセ ドートンヌ
右上をハイライトに。
左の2色を、瞼の淵からぼかして何度か重ねる。
右下をライン状に。

CHANEL(シャネル) スティロ ユー ウォータープルーフ #918 アルダン
下瞼は中央~目尻だけスティロユーの#918を。

レキャトル#254ティセドートンヌを使ったアイメイク

こんな感じです。
締め色、ラインにせずもう少し幅広めにぼかしてもよかったなー。
あと!NARSのベルベットシャドウスティックと合わせるのまだやってない^^;
明日やってみよう。

レキャトル#254ティセドートンヌを使ったアイメイク

最近、youtubeでM.A.Cのメイクアップ動画を見るのにハマっています^^
今までアイシャドウって「ハイライトカラー」「メイン(使っても2色を縦割りか横割り、もしくは1色)」「締め色」っていう使い方しかしていなかったのですが、動画を見ているともっともっと自由!
メインカラー1色の濃淡だけで彫深な目元を作ったり(しかも立体感出しにくそうなマットなパステルカラーとかを使うの!)。
メインカラーを何度も重ねて立体感を出したり(今回はこれをマネしてみました)。
メイクってアートなんだなということを改めて感じさせられました。

国産ブランドって、お肌のトーンをチェックして、似合う色とかくすむ色を診断して、自分にぴったりな色でメイクをするというコンセプトが多いと思います。
これもキレイさを追求するためにはとっても良い手法。
知っておくとアイテム選びとかにも役立つし、私も一度はちゃんとしたカラー診断を受けてみたいなと思います。

一方でM.A.CとかNARS、MUFE、ドメブラでもシュウとかだと、やっぱりアーティスティックで「面白さ」がある。
どっちが良いとかじゃなくて、どっちも良いと思います(笑)。
ナチュラルでお肌をきれいに見せてくれるメイクも、思いっきりハッピーになれそうなバリバリのメイクも、気分とシーンによって使い分けることができたら最高なんじゃないかな。

今までは動画て、たまにアップするくらいであとはゲランのCMくらいしか見ていなかったのですが^^;
海外のアーティストさんのメイクアップ動画も、積極的に見て、マネできそうな技があれば自分でもやってみて、少しでもメイクの腕を磨きたいなぁと思いました。
(下手な作文みたいな記事になってしまった。。)


シャネル (CHANEL) レキャトルオンブル 254 ティセ ドートンヌ

三越・伊勢丹オンラインストア