GUERLAIN(ゲラン)イディール デュエット ローズ&パチュリ

GUERLAIN(ゲラン)イディール デュエット ローズ&パチュリ

今年も復活しました、イディールの限定。
これだけは絶対に逃せないと思い、鼻息荒く予約しました。
すでに完売している商品なのですが、何年かごとに復刻しているようなので、今後購入される方の参考になればと思いレポしておきます。

GUERLAIN(ゲラン)イディール デュエット ローズ&パチュリ
GUERLAIN(ゲラン)イディール デュエット ローズ&パチュリ
50ml・11,900円(税抜)限定発売

メインハーモニーを奏でるのはフローラルとウッディ。高貴で豊かな香りを放つブルガリアンローズに、より明るく軽やかに表現したパチュリを加えたベルベットのようななめらかな香りです。リッチでセンシュアル、うっとりするような魅惑的な香りが広がります。オーデパルファン。

2011年、2014年と販売があったようです。
今年も発売地当日の午前中には完売してしまったと、BAさんから伺いました。
(私の住んでいる田舎ですらそんな状態なので、都会だとさぞ争奪戦だったことと思います)

GUERLAIN(ゲラン)イディール デュエット ローズ&パチュリ
オリジナルのイディールは、ムエットでしか嗅いだことがないのですが、あちらはひと吹きしてもらった瞬間に「花束!!」という風に感じました。
しかし、こちらは花束と言うよりも化粧品っぽいバラの香りに感じます。
そのバラっぽさも私の肌ではトップのごく短時間で、すぐにパウダリーさが強くなります。
なんだろう、百貨店の香りのような(笑)・・・。
良い香りは良い香りなのですが、バラの香りの部分に関しては『作られたバラの香り』に感じてしまいます。
バラの香りは大好きですが、私はもっと青臭いバラの香りが好きなんです。
なので、大人気の限定品を捕まえてこんなことを言うのもなんですが、自分にとってはちょっと現代っぽいというか、軽くて面白みに欠けるように感じました。
(決してキライな香りではないんですよ!「バラの香水」として私が求めているのはこれじゃないかなというだけです)
ですが、たぶん受けの良い香りだと思います。
私が好きな香りって、クチコミを見ても「おばさん臭い」「昔の化粧台のようなニオイ」「お母さんの匂い」というコメントが多く(笑)自分でも「古典的な香りが好きなんだろう」という自覚はありますので(笑)。

GUERLAIN(ゲラン)イディール デュエット ローズ&パチュリ
母の日のキャンペーンで1万円以上のフレグランスを購入すると、こちらのポマンダー(陶器にフレグランスを垂らして、キーホルダーのように持ち運べるものだそう)を頂けました。

GUERLAIN(ゲラン)イディール デュエット ローズ&パチュリ
左上の丸い陶器に垂らすor吹きかけて(ころがらないよう下のお皿の上に置いて垂らすみたい)、右のゴールドの球体のなかにセットします。
リボンが付いているのでドアノブなんかにもかけられます。
今はまだ温存していますが、何の香りをつけようかな~と考え中です♪

 

スポンサーリンク