香水事典と香水の教科書

香水事典 香水の教科書

香水の本を2冊購入しました♪
どちらもそこそこ古い本ですが、特に「香水事典」は1996年発行のもの!

香水事典 香水の教科書
中古で探してようやくゲットしました☆
この本が欲しかった理由は、Yes,Noを選んで進んでいくフレグランス選びのチャートが付いているところ。
これをやってみたかったの~☆

香水事典 香水の教科書
ちなみに大好きなココ(マドモワゼルじゃないほう)が合うとの結果で嬉しい限り!
しかもゲランのサムサラも・・・!

香水事典 香水の教科書
そして、憧れのナエマもオススメの香水に入っていて!!
(掲載されている7.5mlは現在国内では販売されていません。)
これはもう、何としても手に入れないと・・・と思っています^^

ちなみに「香水の教科書」は帯に「香り上手は愛される」と書いているので、「この香りつけたらオテますよ」とかそういうたぐいかと思って今までスルーしていたのですが、レビューを見るともっと「本当に『教科書』っぽい内容」だということが分かり、それならと思って購入しました。
「香水事典」もカラーでたくさんのフレグランスが紹介されているのですが、以前紹介した「フォトグラフィー 世界の香水」ともまたちがっらラインナップになっています。
名香だけでなく、たぶんこの本が発売された当時の傾向とかが反映されているのかな?という印象でした。
なかなか面白いです。

香水の教科書