HAKU 薬用 美白美容液ファンデ

ファンデーション

アットコスメの2019年上半期新作ベストコスメを受賞したHAKUのファンデーション。
美容雑誌に付いていたサンプルは使ったのですが、いざ購入しようとすると品薄で。
身近なところでは手に入らなかったので、ワタシプラスで購入しました。
(そしたらゼリーのセットがついてきて、なんだか得した気分です。)

スポンサーリンク




HAKU 薬用 美白美容液ファンデ
30g・4,800円(税抜)
SPF30・PA+++
全4色

つけていることで、シミをカバーしながら美白する薬用美白美容液ファンデ。シミの気にならない、明るく透明感のある肌へ。美白有効成分4MSK配合(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)でメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。シミや色ムラを目立たせない。なめらかに広がり、さらっと自然な仕上がり。

https://www.shiseido.co.jp

色展開は4色。


オークル10が明るめという口コミが多かったので、オークル20にしてみました。
オークルとは別でピンクオークルもありますが、オークルも割とピンク味が強い印象です。

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ スウォッチ


先端が細めのチューブなので量が調節しやすいです。
色味、ピンク寄りなのが分かりますでしょうか。

スポンサーリンク




右半分に伸ばしてみました。伸びはいいです。
カバー力はそこまで高くもなくナチュラル過ぎもせず中くらいかなと。
しっとり感は続きます。単純にずっと表面がツヤツヤするのではなく、ふとした時に肌表面を触るとしっとりしているなという感触です。
「美容液ファンデ」というとCCクリームみたいな使用感(ツヤツヤして潤うけど崩れやすく、カバー力もそこまで無いを想像していたのですが)、もうちょっとフィット感は高い気がします。

HAKU 薬用 美白美容液ファンデの使い方

・スキンケアで肌を整えた後、指先にパール粒1コ分をとり、顔の5カ所(両ほお、額、鼻、あご)におき、顔全体になじませます。
・紫外線の影響をうけやすいほおや、特にカバーしたい部分には、少量とり軽くぼかすようになじませます。
・使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られません。
・紫外線防御効果のある化粧下地などとの併用をおすすめします。

https://www.shiseido.co.jp

さすが美白を謳っているだけあって、日焼け対策に関してきちんと明記されています。
一応下地なしで使えるそうなのですが、SPF30・PA+++なので今からの時期だともう少し数値の高い日焼け止めや日焼け止め下地を併用したほうがより安心かと思います。

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ 感想

正直、サンプルを使ったときは特にピンと来なかったので、アットコスメ1位縛りメイクをやるという、今回の機会がなかったら買わなかっただろうなぁと思います。

このファンデの最大のポイントである美白有効成分配合という点は、数回使っただけで実感できるものではないし、もしかすると1本使ったところで特に変化を感じない可能性だってあるんじゃないかなと思います(というか、私はたぶん変化までは感じないと予想しています)。美白ケアラインを謳っているスキンケアですら、目に見えた違いは感じないことがほとんどですから。(このファンデに限らす、私は美白に関しては完全にお守りというか「何か変化を感じられたらラッキーだな」くらいに考えています。)
なので、ここにフォーカスしてすごく良いファンデとは断言出来ませんが、まぁ夏になると手に取りたくなるコンセプトではあるなと思います。

以上のことから単純にファンデーションとして使用感だけで話しますと、上で書いたような良さは再発見できたのですが、ファンデで税込み5,000円超えというのはパコス並みなので、単純に価格だけでいうと高いなと思います。ただ、湿度も気温も上がってきた今の時期に、室内で過ごす程度なら特に崩れることなくキレイなまま、肌のしっとりさも続いているように感じるので、いいお値段分の使用感ではあるなと思います。
(じゃあリピするかと言われると、個人的にはもう少しカバー力の高いものを選ぶと思いますが。)
とはいえせっかく購入したので、これをもっと日差しの強い日や野外で過ごす日に使うとどうなのかは、引き続き検証していきたいと思います。

関連動画

関連記事一覧