CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル トランスパラン

ハイライター

アットコスメの2019年上半期ベストコスメに選ばれた、シャネルのスティックハイライト。
アットコスメ1位縛りメイクをするので買ってみました。

どこも売り切れだったのですが、丁度再入荷した日にたまたまカウンターに立ち寄ることができて。
偏光ラメ入りとクリアタイプとすごく迷ったのですが、どうしてこちらを選んだのかも含めレビューしていきます。


CHANEL(シャネル) ボーム エサンシエル トランスパラン
8g・5,500円(税抜)
全2色

肌に濡れたようなつやをプラスするグロウ スティック。頬、まぶた、唇など、輝かせたいところにのせるだけ。メークアップの可能性がぐっと広がります。

@cosme


スティックハイライトって結構使い方が難しい上に、5,000円超えというかなりいいお値段なので、これがアットコスメ1位ってちょっと不思議でした。
(ちなみに別売りで専用ブラシがありますが、こちらはサイズも小さめで化繊なのに4,000円超えとこれまたすごくいいお値段。両方買ったらほぼ1万円じゃんっていう。)

私が購入したのはクリアタイプのトランスパラン。
偏光パール入りのスカルプティングも展開があります。
それぞれオススメの使用箇所が違うんだそう(もちろん他の箇所に使っても大丈夫です)。

ボーム エサンシエル トランスパランのオススメ使用箇所

使う順序はメイクの最後。
アイシャドウの上からポンポンと重ねて濡れたような瞼に。
この時決して擦らずにポンポンと乗せること。毛先がボサボサしたようなブラシを使うとより簡単に仕上げられるそうです。
瞼のキワまで乗せてしまうと、二重の溝に落ち込んでしまうので注意です。

あとはリップメイクの最後にグロスのように重ねてもOKです。
クリアなので下の色を邪魔しません。

ボーム エサンシエル カルプティングのオススメ使用箇所

こちらもメイクの最後にポンポンと重ねて使います。
目尻のCゾーンや鼻筋などに使うのがオススメです。
もちろんこちらも濡れた感じになるのですが、偏光パールが入っているので少し白っぽく見えます。
ツヤツヤのキラキラに仕上がりますが、リップなどに重ねると色味が白っぽく変わって見えます。
(あえてそれを狙って使うのもアリかと。)

トランスパランを選んだ理由

使用箇所は普段ハイライトを乗せている鼻筋と目の下部分なので、上記のBAさんのオススメに沿って選ぶならスカルプティングになるのですが、このハイライトならではの魅力を存分に楽しむのであればクリアだと思いました。
何故かというと、普段使っているパウダータイプのハイライトだと、パールかラメでツヤ感を出すことになります。
この「完全にクリア」のツヤ感(濡れ感)をプラスできるのは練り状アイテム、スティックアイテムならではだと思うんです。
ハイライトもたくさん持っていますが、完全にクリアな物って今まで持っていなかったかのでトランスパランにしました。

リップに重ねる=クリアリップグロス、目元に重ねる=アイグロスと同じといえば同じなんですけどね。
せっかくのベスコス縛りであれば、やっぱりそのアイテムの一番ポテンシャルを発揮できるものを選ぶのがいいかなと思ってこちらにしました。

ボーム エサンシエル トランスパラン スウォッチ


この通り完全にクリアなツヤです。
塗ってしばらくするとペタペタ感は減るということでしたが、それでもサラサラになるわけではなくやっぱり触るとペタッとしているので、触らないのが一番だと思います。
触ってしまうと下のメイクもヨレるし指に付いて取れてしまいます。

ボーム エサンシエル トランスパラン 感想

使い方にコツは必要ですが、面白いアイテムだと思います。
普段練りアイテムを使わない私でも、これは練習して使いこなしたいなと思えました。
今まではこの手のアイテムを使うときは、ベースアイテムに混ぜるかベースの下に仕込んでいたんですよね。
最後に重ねるというのも新鮮でした。

とりあえず指づけしているのですが、ブラシでも使えるというところに希望を感じます。
ツールをいろいろ変えてみて、仕上がりの良い使用方法を引き続き探したいと思います。

濡れ感っていうのはここ最近のトレンドなので、そういう意味ではベスコス入りしたというのも理解できますね。
アイグロスや濡れ感の出る練りハイライターもいくつか使ってきましたが、その中ではまだ使いやすい方かなと思います。

関連動画

近日UP予定です♪

関連記事一覧