セザンヌ シングルカラーアイシャドウ

アイシャドウ

リップに続いてシングルアイシャドウのレビューです。こちらは2019/2/22発売です。
個人的にはリップよりこっちのほうが使いやすいというか気に入っています。
(アイテムが違うから比べるのもアレだけど)

スポンサーリンク




セザンヌ シングルカラーアイシャドウ
1g・400円(税抜)

全4色
自分の欲しい色だけ選んで使える、使いやすい単色アイシャドウ。オイル配合のしっとりパウダーがまぶたに密着。丸い微粒子が肌の上で転がり、なめらかでサラサラな肌に仕上がります。5種の保湿成分配合で、お肌の潤いを保ちます。

@cosme

プチプラだし全4色購入しました。
全部買っても1,600円。まだまだデパコスのシングルアイシャドウ1個にも満たない金額です。
何故か700円だと思いこんでいたので、今調べてちょっとびっくりしています。
だってクオリテイが全然プチプラじゃないというか、今まで触ってきたプチプラのアイシャドウの中で粉質がダントツ良い気がするんです。

スポンサーリンク



セザンヌ シングルカラーアイシャドウ 01


01 パールベージュ
目元を明るく仕上げる万能ベースカラー
眉下のハイライトとして使いやすいお色です。
あまり期待していなかった色なのですが(失礼)白すぎず使いやすいです。
使うブラシを工夫したら鼻筋のハイライトにも使えるかも?

セザンヌ シングルカラーアイシャドウ 02


02 ニュアンスピンク
目元に深みを与える絶妙なくすみカラー
ネットの画像見たときは一番印象薄かったのに、一番気に入ったのがこの色です。ノックアウトです。
画像で見るとただのラベンダーカラーという感じなのですが、実際に触ると非常にパーリーでもっと赤みがあるように見えます。
これも密着力あります。
01・02共にパールなのですが01はパール感+キラキラ感もあって02は全体に滑らかなツヤ感、という感じです。

セザンヌ シングルカラーアイシャドウ 03


03 マットレッド
シアーな発色で使いやすい、アクセントカラー
これと04が人気なんじゃないかなと思います。
マットな赤ですが、アーティストブランドにある赤マットよりも幾分使いやすいと思います。
厳密には赤じゃないというか、肌なじみの良い色なので目尻のアクセントやライン状に入れるだけでなく、私は02と縦割りっぽくして目尻に使ったりもしています。

セザンヌ シングルカラーアイシャドウ 04


04 クリアラメ
目元を華やかに。重ね使いしやすい透け感ラメ
みんなの大本命04番。
これ、正直触るまではラメがボロボロっと塊で取れるタイプか、パサッとしていてラメが飛ぶんだろうなぁと思っていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。
しっとりしているしボロボロ・ホロホロ崩れません。しっかり密着もしてくれます。
ベースがクリアで、本当に濡れたような輝きをプラスしてくれるような仕上がりです。
まぶた中央に乗せるのはもちろんですが、変に白っぽくギラつかないので下瞼目頭に乗せるのもおすすめです。

セザンヌ シングルカラーアイシャドウ スウォッチ


メイクは絶賛練習中なのでスウォッチだけ先にUPしておきます。
02、思ったより赤み強いと思いません?

セザンヌ シングルカラーアイシャドウのモチ

普通に過ごす分には色持ちしてくれますが、スウォッチを水で濡らして実験したところ01と04は水ですぐに落ちました。
02と03は水洗いだけじゃ落ちませんでしたが、ハンドソープ(ちなみにキレイキレイ)つけてくるくるするとすぐ落ちました。
しっかりキープしたいならセッティング系のミストやパウダーを使ったほうがいいかもしれません。
逆に言うとオフしやすいです。

セザンヌ シングルカラーアイシャドウの感想


今までプチプラのお気に入りアイシャドウとしてリンメルを何度も紹介してきて、使ったことがあるブランドだとエクセルやキャンメイクなどなどもっとたくさんあるのですが、その中でもダントツに使いやすい粉質です。
いや、他のももちろん悪くないですし費用対効果としては十分良いのですが、どうしてもデパコスに比べるとパサッとしていたり発色が弱かったり、逆にグリッター系だとチップ使ってもボロっと塊で取れてしまったり、プチプラだからしょうがないと思っていたところがあるんですよね。
それがこのアイシャドウには無かった。本当にどの質感のお色もしっとりしているのにホロホロ崩れず、密着力もよくムラになりにくくキレイに乗ってくれました。
これって既存のセザンヌのパレットもそうだったのでしょうか。
今まで触ったことがなかったので比較できないのが残念ですが、とにかく期待以上、期待の数十倍良かったです。

これは多分カラバリ増えますよね。
4色パレットだと思うと1つ1,600円でプチプラのパレットの中ではちょい高めかもしれませんが、それでも十分費用対効果高いと思います。
(費用対効果=コストパフォーマンスなのですが、巷ではすでにコストパフォーマンス=単価の安さ(安くて大容量、長く使える等)の意味になりつつあるので、あえて費用対効果と書いておきます。)

発売後しばらくは品薄になりそうな予感ですが、見つけたら試しに買ってみてもいいんじゃないかなと思います。

いやーいい買い物でした!

ロフトネットストア

関連動画

関連記事一覧