CHANEL(シャネル) レ ベージュ プードゥル ベル ミン アンソレイエ ミディアム ライト

フェイスパウダー

呪文かなっていう品名ですが、シャネルのレベージュのパウダーをシェーディング代わりに購入しました。
シャネルもエスティローダー同様シェーディングというアイテムは展開がないのだそう。
これも色味は暗めですがウォームウォームしたトーンですし細かいシマーが入っているので、シェーディングというよりはブロンザーっぽいように思います。
(というか今シャネルのサイト見たら「ブロンザーとしてご使用いただく場合~」って思いっきり書いてますね。)

スポンサーリンク




とはいえ縛りメイクとなるとそれっぽいものを使う必要があるので買ってみました。
それ以外は日焼けシーズンにブロンザーとして使う予定です。


CHANEL(シャネル) レ ベージュ プードゥル ベル ミン アンソレイエ
ミディアム ライト
6,600円(税抜)

ゴールド パールが繊細にきらめくフェイスパウダー。ブロンザーとしても、ハイライターとしてもご使用でき、ヘルシーな夏の肌を演出します。肌にふんわりフィットするクリーミィタッチのソフトなパウダーをのせるだけで、ゴールドのピグメントがかすかにきらめき、肌を明るく照らします。さらに、付属の半月型ブラシが、よりパーフェクトな仕上がりを叶えます。

シャネルHP

スポンサーリンク




内蓋がついていて、その上にブラシがセットされています。
毛足は長いですがコシはあるので、サッと払うようにお粉を付ける人だと使いやすいと思います。
磨くようにクルクルとつけたい方は手持ちのブラシを使ってください。

レ ベージュ プードゥル ベル ミン アンソレイエ スウォッチ


※そのままだとほとんど色が出ないので彩度&コントラスト上げています

温かみのあるイエロートーンのお粉です。
指でぐりぐり付けるとキラッとしますが、ブラシでつけるとキラキラ感はほとんど感じません。
そこまで発色も強すぎないので、普段シェーディンの類を輪郭に使わない人でも、入れ過ぎたりすることなくナチュラルに仕上げられると思います。
夏場に首だけ焼けちゃって顔と色が合わない・・・というときに輪郭に入れるとグラデーション的な効果で目立ちにくくなる気がします。
とにかく出番が増えるのは今よりも夏だと思います。

レ ベージュ プードゥル ベル ミン アンソレイエ 感想


シェーディングとブロンザーは別物だと思っているので、代用品と言われると?なのですが、このアイテム自体の質としては良いと思います。
フィット感もあり粉っぽくもならず、触ってみるとしっとりとしていてカシミアのような感触です。
そんなラグジュアリーなお粉をシンプルなプラパケにセットし、しかもここまで品良く仕上げられるのはシャネルだけだと思います。
というかベージュメインの完全に無駄を削ぎ落としたシンプルパッケージで、ここまで美しく上品さが漂うブランドが他にあるだろうか。

ゲランのずっしりとしたきらびやかなパッケージも大好物ですし、トムフォードの異様にデカいツヤのあるパッケージも気分が上がりますが、シャネルはラグジュアリーさのベクトルが違うというか他ブランドと一線を画していると思います。

余談

香水でもそうなのですが、シャネル=女性が理想とする女性=強さ が根底にある気がします。
その点男性がデザイナーのブランドって=男性が理想とする女性=夢 っぽいんですよね。柔らかい、幻想的、分かりやすく華やか。

「みんな違ってみんな良い」じゃないですが、私は全く別のものとして両方を愛しています。

関連動画

関連記事一覧