コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム

クレンジング

久しぶりにAQミリオリティのクリームクレンジングを購入しました。
通称モロモロクリーム、秋冬になると使いたくなるクレンジングのひとつです。

スポンサーリンク




コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム
150g・10,000円(税抜)

まろやかなタッチで肌を包みこみながら、メイクアップや皮脂を溶かしだし、輝く肌へと導くクレンジングクリーム。リッチな感触のクリームが、滑るようになめらかにのび広がり、ポイントメイクも素早く浮かせて取り除きます。エモリエント成分、ダブルペプチド(保湿)を配合。天然香料を使用し、摘みたての植物から香りを抽出したライトフローラルパウダリータイプです。

@cosme

いつもクレンジングはオイルタイプをメインに使っているのですが、時期によって温感タイプを入れたりバームタイプを入れたりしています。
テクスチャー違いで常に2~3種類は置いておいて、気分やメイクによって使い分けています。

お気に入りのクレンジングクリーム


そして秋冬になるとクリームタイプを入れたくなるのですが、特に気に入っているのがイグニス・ゲラン・AQミリオリティです。
それぞれ容量と金額はこんな感じです。

・イグニス ブラン クレンジングクリーム 200g・3,500円
・ゲラン クレンジングクリーム 200ml・9,000円
・コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム 150g 10,000円

イグニスはチューブタイプで他のものに比べると手ごろです。
ゲランは200gと大容量で、容器もすりガラスととってもラグジュアリーです。
そして今回購入したコスメデコルテAQミリオリティ。
お気に入りのクレンジングクリームの中でも一番お高いです。

ちなみにゲランは本体がガラスなのでずっしりしていますが、AQミリオリティはプラスチックなのでそこまで重くありません。
これは私だけかもですが、ジャーって手が滑って落としちゃうことがあるのですがプラスチックだと取扱いの面でも安心です。

メイク落ちに関しては、厳密に比較したことはないもののどれも大抵のものはオフしてくれます。
個人的にミルククレンジングはメイク落ちが微妙なものが多い気がするのですが、クリームになると割と頼れる気がします。

スポンサーリンク



リペア クレンジングクリームのメイク落ち


手の甲なので少量で試していますが、全顔ならサクランボ大が目安です。

恒例のメイク落ち実験です。
ベース、ラメ・パール、マットリップ、リキッドアイシャドウ、リキッドアイライナーです。
メイクに馴染ませるとモロモロが出てきます。感触も少し変わる気がします。

モロモロしてきたら軽くティッシュオフします。
ティッシュを表面に押さえつける以外に、SUQQUのマッサージクリームに付いているクロスのような、ムチムチしたお手入れクロスを使ってもいいと思います。
そして最後は洗い流します。

洗い流すと、ほんのりリキッドアイライナーが残っていたのと、ラメが飛んで手の甲全体がキラキラしていました。
実検なのでここでストップしましたが、通常通りこの後洗顔をすればどちらもきれいにオフできるレベルです。

リペア クレンジングクリームの乾燥

このクレンジングの良いところは、使った後のお肌がとても柔らかく感じられる点です。
使用後のお肌を触りたくなるような感触です。

そして、モロモロしてくれるのでメイクが馴染んだタイミングも分かりやすいですし、何より楽しいです(笑)。
この「うわ~モロモロしてきた!」っていう瞬間が一番テンション上がるんですよね。

コスデコの高級ラインというラグジュアリーさと、使用感の面白さという二つの魅力を兼ね備えたクレンジングクリーム。
もちろんメイク落ちも十分だと感じていますので、この秋たくさんお世話になろうと思います。

関連動画

関連記事一覧