ANASTASIAとケサランパサランのアイブロウ トリートメント

アイブロウ

両方行ってみたので比較レビューします

以前、アナスタシアのアイブロウトリートメントに行っていたという動画をUPしました。

スポンサーリンク




この時に「2か月後を目安に再度お手入れされると、眉の形が安定してより描きやすいですよ」と言われていたので、そろそろ行きたいなと思っていたのです。
というかちょうど2か月あたりから、眉がまた描きづらくなったというか産毛のガイドラインが分かりにくくなってきたんですよね。

なので予約しようとしたのですが、案の定いっぱいで。
ギリギリスケジュールが合うところをひと枠だけ見つけて予約していたのですが、なんと急用で行けなくなりました(涙)。
その後の予定が空いている部分は全て予約が埋まっていたため、予約の変更ではなくキャンセルということになりました。
(キャンセルも変更も電話したら対応してくださいます。)

でも、どうしても早めに整えないとまた眉が迷走し始めていたので、ケサランパサランのサロンに電話してみました。
そしたら(電話したのが予定の開いている日の前日にも関わらず)予約できた \(^o^)/!!

というわけで、ケサランパサランに行ってきたのですが、せっかくなのでアナスタシアと両方のレビューをしておきたいと思います。

ANASTASIA

1回目もかなり頑張って予約しました。
タイミングによっては初回特典として、アイブロウにプラスで他のパーツを無料でお手入れしてくれる場合があります。
私は知らずに予約センターに電話したのですが、特典があることをちゃんと教えてくださいました。

できれば施術の2週間前くらいから眉のお手入れはせずに、毛を伸ばしっぱなしで来てくださいとのことでした。

ANASTASIAの料金

初回60分、4,800円(税抜)です。
2回目以降は30~40分で4,300円(税抜)。

ちょっと早めに行ったりしてみたのですが、平日の昼間にもかかわらず人もスタッフさんもいっぱい!
初回なのでカルテの記入程度ならできますが、予約時間ぴったりになるまで誰も手も空いていないので、特に早めに施術が受けられるということはありませんでした。

ANASTASIAのカウンセリング

カウンセリングはかなりしっかりしてくれました。
理想の眉の形、自分に合った眉の形、描きづらいところや眉の悩みなどなど。
自分がなりたい眉と、似合う眉の間で上手く折り合いをつけてもらえた気がします。
非常に丁寧で、こちらの要望をしっかりと汲んでくださいました。

ANASTASIAのアイブロウトリートメント

カウンセリングした内容を元に、眉の形をとっていきます。
濃い色で全体をしっかりと描いてから、その形でOKか一度確認します。
そのあと余分な毛を抜いたり切ったり整えていきます。
長い眉毛がない部分でも、眉を描く部分であればうぶ毛を残しておくことでガイドラインっぽくなってくれたりします。

抜くのは毛抜きとワックスっぽいものでしたが、どちらも私は痛くなかったです。
おでこや口回りなど、眉以外のパーツもプラス料金で手入れしてくれます。

トリートメントが終わったら、カルテというかレシピというか?自分の眉を綺麗に描くためのポイントがまとめられた紙をくれます。


私の場合、右眉上は丸みが出やすい(筋肉の関係だそう)ので丸みを取る。
右は骨の形状の関係で眉尻が下がりやすいので、横に伸ばすイメージで描く。
左眉は長くなりやすい、などなどの特徴があるそうです。

今まで眉を描いていると、左眉はスッと上がってくれるのに、そろえて描こうとすると右眉が絶対下がってしまって謎だったのですが、平面で見た感覚で描いていたのが実際には骨の凹凸があるので、もっと上げて描かないと左と一緒にはならないことが判明しました。
ですが左が上がりすぎるので、むしろそちらを上げすぎないように意識したほうが良さそう。

こういったポイントだけでも頭に入れておくと、少しガイドラインが分かりにくくなった時にもなんとなく近い形で仕上げることができました。

スポンサーリンク



ケサランパサラン

ケサランパサランも予約専用ダイヤルがあるのでそちらで予約が取れます。
アナスタシアに比べて簡単に予約が取れたのがありがたかったです。
当日行ってみると、アイラッシュ担当の方とアイブロウ担当の方それぞれ1名ずつしかいなかったので、同じ平日の昼間でもアナスタシアと混雑具合が全然違いました。
施術スペースもアナスタシアに比べて少し広めで、個室になっていたので(アナスタシアはたしか仕切りだけだったはず)落ち着けます。
ただ、店頭でコスメも販売しているため、お客さんが来ると担当してくれているスタッフさんがそちらの対応に行くことがあるため、施術がストップしてしまいます。
そういう時間があると時間通りに終わらない場合があるので、急いでいる場合は注意が必要かもしれません。

ケサランパサランの料金

初回30分、4,320円(税込)。
2回目以降3,780(税込)※施術に要する時間は記載がありませんでした。

アナスタシアより若干安いです。

ケサランパサランのカウンセリング

時間も半分ですのでカウンセリングはアナスタシアのほうがしっかりじっくりな印象でした。
ケサパサのカウンセリングは、眉の形を描いたシートを見ながら「こっちの形がいい」とか「角度はこれくらい」と選ぶ形式でした。
これプラス細かい要望を伝えたり、眉を見てもらってアドバイスをもらいます。

ケサランパサランのアイブロウトリートメント

最初に濃く眉の形をとったりはせず、普通にペンシルで描いていきます。
そして余分な毛を切ったり抜いたり。
トリートメントに要する時間もかなり短い印象でした。
そのあとに描き方のコツなどを説明してくれます。

この説明ですよ、聞いてびっくり。

アナスタシアで言われたこととほぼ一緒でした!

すごい、やっぱり眉のスペシャリストが見たら同じような判断結果になるってことですよね。
なので別のサロンで施術を受けたにもかかわらず、描き方が大幅に変わったりすることが無かったので後日描き方に戸惑ったりすることもありませんでした。


ケサランパサランでもこんなメモを頂きました。
描きこまれているコメントは少なめですが、目の前で説明しながら書きこんでくれたので、後で見返しても非常に分かりやすいです。
アナスタシアとは左右が反転しています。
でも書かれていることは一緒です。右眉は下がりやすいので下げすぎないように注意し、左は長く上がっていくので意識して下げる等々。

裏面には使ったアイテムの色味なども書いてくれています。

2つのサロンでトリートメントを受けてみた感想

予約が取りやすく、短時間で終わらせられるのはケサランパサラン。
より細かい部分にまでこだわりたい、眉以外のパーツおお手入れしたいならアナスタシア。
という感じでしょうか。

どちらも眉診断(?)は信頼できると思いました。

アナスタシアのほうがサロンの規模としては大きそうな気がするし、なにより好きなブランドだし(笑)通いたいのですがいかんせん予約が取れない(汗)。
そして私はあまり自由に動ける時間がないので、施術時間は短いほうが助かります。
そういった点からケサランパサランのほうが通いやすい気はします。
でもどちらも良いので「絶対こっち!」とは言い切れません。
なので予定が空いたらアナスタシアに電話してみて、予約できなかったらケサパサに電話するようにしようかなと思います。

ずっと通い続ける必要はないかなと思いますが、もう少し眉の形が安定して、私自身もいい加減眉がささっと描けるようになるまではどちらかに通うようにしたいと思います。

関連記事一覧