TOM FORD BEAUTY(トム フォード) トレースレス ファンデーション スティック

ファンデーション

TOM FORDの購入品、まだまだあります。
今回必ずタッチアップしたかったのが下地とファンデーションです。
TOM FORDのベースアイテムは種類が豊富なので、好みの仕上がりに合わせて選んで欲しかったのです。

スポンサーリンク




TOM FORD BEAUTY(トム フォード) トレースレス ファンデーション スティック
15g・10,000円(税抜)
1.5 クリーム

豊かな瑞々しさのクリームスティックファンデーション。肌を整え、いきいきとした印象と、滑らかな仕上がりを叶えます。携帯に便利なスティックタイプです。シアーミディアムにもフルカバーにも使え、どんな時も美しい自然な仕上がりで、使っている事を感じさせません。

@cosme

TOM FORDのベースアイテムは基本ツヤ系です。
これはTOM FORD本人が「マットはセクシーじゃない」と考えているかららしいのですが、個人的にはツヤ肌はアラが露わになるのであんまり好きじゃないんですよね。
カバー力の高いセミマットが好きです。

なので下地もできるだけツヤっぽくないもの(それでも十分ツヤ系ですが)、ファンデーションもカバー力が高い物を選んでもらいました。

出てきたのがスティックファンデだったので、これはカバー力も期待できそう・・・と思ったのですが、ほかのブランドのスティックファンデに比べると薄付きです。
細かいアラをカバーするためのコンシーラー類は必須かと思います。

スポンサーリンク




選んでいただいたのは一番明るいお色です。
BAさんはこれを直接肌にグリグリ塗りつけたら、クリームファンデーションブラシで伸ばしてしっかり密着させていました。
このブラシが、リキッドファンデ用の平筆ではなく厚みのある小さめのチークブラシのような見た目でした。
ヤギ毛で毛量もタップリだったので、ささっと伸ばしてくるくるするとしっかりとファンデがフィットしてくれました。
後日自分でスポンジを使った時と仕上がりを比べると、やはりブラシのほうがぐんとキレイだったように思います。

ファンデーションってブラシでつけるとスジが残るし、いまいちフィット感が感じられなかったのですがこのブラシは良かったです!
とはいえ、ブラシ付けを継続できる自信が無かったのでブラシは購入を見送りました。
(ちなみに8月24日にリニューアルします!ヤギ毛100%だったものがリニューアル後は化繊との混毛になります・・・)

トレースレス ファンデーション スティック スウォッチ



かなり保湿力の高いファンデだと思います。
今の時期よりも秋冬向けのテクスチャーと仕上がりです。

重ねてもそこまでまばー力が増す感じはありません。

肌に直接ぐりぐりすると、滑らかなのですが決して溶けたチョコみたいな感じではなく、もう少し肌にしっかりと密着してくれます。
たまに「溶けてるの?」っていうくらいものすごく柔らかいスティックファンデもありますが、これはもっとクレパスっぽいというか(そこまで突っかかったり硬さは無いですが)肌の上を必要以上に上滑りしないような質感です。

トレースレス ファンデーション スティック 感想

TOM FORDというと、ベースもポイントメイクもとにかくガッツリしっかりなのかと思ったら、まさかのベースはナチュラルな仕上がりという。
なので私の場合はあまり普段使いできないのですが、軽めのメイクにしたい日やカジュアルっぽい雰囲気に仕上げたい時用にしています。

今までいろんなブランドのベースメイクを使ってきましたが、ここまで仕上がりがツヤ系で統一されているブランドも珍しい気がします。
それゆえ好き嫌いは分かれると思いますが、TOM FORDの世界観、目指すものをブレずに丸ごと体感できるようなラインナップになっています。
逆にファンデのツヤとハイライター、シェーディングで立体感をしっかり出して、ポイントメイクはガッツリと~という仕上がりが好きな人なら、どのベースを使っても好みな仕上がりになるんじゃないかなと思います。

三越・伊勢丹オンラインストア

関連動画

関連記事一覧