SUQQU ジューシー ブライト クリーム ブラッシュ 102

いつまでやってんだって話ですがSUQQUのサマーのレポです。
大丈夫、これで最後です!

スポンサーリンク




SUQQU ジューシー ブライト クリーム ブラッシュ
101 珊瑚染 -SANGOZOME
8g・3,500円(税抜)

限定2色
パール剤を使わず、オイルだけであくまで自然な艶を表現したクリームチーク。肌にぴたっと密着するテクスチャーで、にじみ出るような血色を表現。デイリーに使いこなせる自然な2色。
102 艶焦:ほんのり赤みを宿したヘルシーベージュ。自然な血色感を与えつつ、洗練された印象に。

SUQQUのブラウンチークはパウダータイプも気になっていて「いつか欲しいなぁ」と思っていたので、今回の練りチークでも似た系統の色が出てくれて嬉しい!
SUQQUのブラウンチークの良いところは、赤みやピンクみがあるので、ぱっと見は完全にシェーディングみたいな色なのですが、実際に使うとちゃんとチークらしく血色感をプラスしてくれる点です。
こちらの102は見た目はブラウンですが、説明文によるとベージュみたいです。

スポンサーリンク



ジューシーブライトクリームブラッシュの使い方


練りチーク自体は過去にも限定で出たことがあるようですが、私は今回はじめて触りました。
練りチークと言えばシャネルのクリームブラッシュが好きなのですが、それ以外ではそれほど気にいるものもありませんでした。
が、こちらはシャネルのクリームブラッシュよりもペタペタするものの、透明感があって発色の調整がとてもしやすいです。
ポンっとのせて周囲をぼかす、という使い方をするものが多いと思いますがこれはどんどん重ねていくイメージです。

ジューシーブライトクリームブラッシュ102のスウォッチ


上からしっかりめに塗った発色、中央がポンポンとのせた発色、下がぼかしたときの発色です。
頬に立体感を出す(影を作る)のにはもちろんですが、パウダーチークのベースとしても使えます。
今回のSUQQUのルックのように、目元にポイントを置いて頬とリップはカラーレスっぽいメイクをする時にぴったりです。
そしてハイライトスティックとの相性は文句なしに良いですね。
色数を控える分、しっかりと骨格の立体感を強調したほうがメリハリが出るのでセットで使うことが多いです。

今日SUQQUのカウンターに行ってきたのですが、このチークとスティックハイライターはまだ在庫あるっぽかったです。
カウンターによるとは思いますが、気になる方はぜひ在庫確認してみてください♪

関連動画